鹿児島純心女子の21世紀型教育の挑戦。

☆本日29日、鹿児島純心女子高等学校は、長島大陸Nセンターと連携することになったというプレスリリースがあった。このこと自体が21世紀型教育の1つのあり方である。

Photo
(センター所長神明竜平氏の論考から)

» 続きを読む

|

未来に備える プラン・ノア(5)21世紀型教育機構 自律協調進化系

☆2011年に21世紀型教育機構は前身の21世紀型教育を創る会から始まった。2013年ころまでは、21世紀型教育の教育構造をどう組み立てるかが議論の中心だったと思う。もちろん、理念と構成要素とその要素間の関係総体がどうなっているかといういこと。

21ceo

» 続きを読む

|

ユデガエルにならないために!3つのスキル。工学院はすでに明快に動いている。

☆ダイヤモンド・オンライン 5/29(月) 6:00配信に、おもしろい記事があった。「1つの専門性で一生は食えない時代の3大重要スキルとは」という記事で、要約箇所はこうなっている。

今後学んでおくとよいのは世界の人たちとのコミュニケーションツールである英語、コンピューターや世界中のエンジニアとのコミュニケーションツールであるプログラミング、自分自身とのコミュニケーションツールである禅や瞑想である、ということです。

Dsc02206
(工学院のSGTクラス)

» 続きを読む

|

21世紀型教育機構 新たな局面に進む。

☆昨日、明海大学浦安かキャンパスで、「第2回21世紀型教育機構シンポジウム」を開催。多くの方にご参加いただき、事務局長として、心から感謝申し上げます。首都圏以外に、鹿児島、大分、三重、大阪、京都、静岡など遠くからお越しいただき、未来を創る教育に関心のある方が、全国にいらっしゃることを確信し、大いに勇気を頂きました。

Dsc02931

» 続きを読む

|

海陽学園 教育の質の挑戦(1)

☆これからの学校は、教育の質の競争だと言われている。大学合格実績の競争ではなく、教育の質の競争?しかし、これはルビンの壺であり、本当に教育の質を豊かにしたら、大学合格実績は出ざるを得ない。どちらを「図」とするか「地」とするのかの違いに過ぎない。

Dsc02885
(中高6ヵ年の各学年ごとの授業の多様な差異について「校長勉強会」が行われたときの1シーン)

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年中学入試のベクトル【39】近未来を牽引する芝浦工大

☆芝浦工大の中学入試の募集人数は、年々増え、新校舎と豊洲移転、3教科入試という改革を実施した今春はさらに集まった。その勢いは来春もとまらない。

Photo_2

Img485

» 続きを読む

|

未来に備える プラン・ノア(4)

☆昨日、夕刻、首都圏模試センターでブレストミーティング。5時間があっという間だった。2045年まで、私はたぶん生きていないが、自分の娘やその家族、仲間やその家族、もちろんその向こうのグローバル市民の行方を案じないわけにはいかない。

Img484

» 続きを読む

|

未来に備える プラン・ノア(3)

☆先日国際フォーラムで行われた私立中学合同相談会で、聖学院のブースに行列が並んだ。なるほど前年対比130%。清水副校長からは、「はじめから思考力と国際力に関心が高い受験生・保護者で、学校選択におけるニーズがさらに深いところまで到達しているのに感動しましたというコメントを頂いた。

Img479

» 続きを読む

|

未来に備える プラン・ノア(2)

☆とにかく、来たるべき未知の恐怖をどう乗り越えるのか?そんなものはこないと言うのもその方の判断だから、それでよい。しかし、来ることを予測し、それに備える学校の邪魔はしてはならないだろう。

Img483

» 続きを読む

|

未来に備える プラン・ノア

☆昨日午後工学院で、高1の<CMM(カリキュラムマネジメントシステム創造会議)>に参加した。45分という短時間だったが、いや45分で行ったがゆえに、ポジティブな課題が発見でき、それをいかに解決するかその場で瞬時に見通しをたて、いつまでに実行するかが次々と決まっていった。

☆議事録は、グーグルドライブで、クラウド上に整理されていくから、課題解決のためのスケジューリングや気になるリスト項目がメモされていく。それが、次回のミーティングまでに実行したり計画案を考えたりする試作/思索の場になる。

Img480

» 続きを読む

|

«東京私立中学 合同相談会(4)国学院久我山女子部の改革の意味