2019年中学入試の新フレーム(72) ≪妥当≫な学校選択の考え方①

☆学校選択は、偏差値と大学合格実績で選ぶということはなくなってきたと言われるが、そもそも偏差値と大学合格実績で選んではなぜいけないのか?実はそんなことはない。エッて思うかもしれない。

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(71) 変わる聖ドミニコ学園 絶対精神から普遍精神へ

☆本日27日(火)、聖ドミニコ学園で説明会。石川一郎先生が同校のカリキュラムマネージャーとして改革推進の舵を切ることになったため、石川先生のネットワークである業界の重鎮が集まった。
 
Dsc04594
 

» 続きを読む

|

【思考力】首都圏模試センターの教務陣の挑戦②体験と意識&視点と知のネットワーク

☆首都圏模試センターの社会及び理科の知識問題とB1思考の関係についての対話も実に興味深かった。
 
☆同センターは、知識問題も想起するという思考力を要するという仮説を立てているようだ。知識と思考という分断はしない。それゆえ、A軸思考、B軸思考、C軸思考という分類になっている。
 
Dsc04579
 

» 続きを読む

|

【思考力】首都圏模試センターの教務陣の挑戦①体験と意識&視点

☆首都圏模試センターの教務陣のミーティングに参加。ちょうど4月15日実施の6年の統一合判のテストの結果データについてリフレクションしているところだった。平均点、標準偏差、正答率などが妥当だったか検証することと思考コードと思考スキルと正答率を対照することによって、受験生の強み弱みを分析し、今後の解答解説に、どんなメッセージを発信していくかについて議論をしていた。
 
 
Dsc04567
 
(仮説・検証をデータに基づいて行っていく時、4科目それぞれのリーダーが、越境知を駆使して議論をしていくチームワークが、首都圏模試センターの教務陣の特徴。)
 
 
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(70) 立教女学院の「論理力・思考力・表現力」

☆今年も立教女学院の「ARE学習・卒業論文2017年度第13集」を頂いた。この論文集は、同校の中学から積み上げてきた知の体験と論理的思考と批判的思考のトレーニングの集大成である。
 
 
Img129
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(69) 大妻グループが大きく変貌するときがやってきた。

☆昨日の「梅沢先生を囲む会」で、長谷良一先生にお会いした。先生は、品川女子学院の改革当時からお会いしている。今日の隆々たる品川女子学院の改革草創期に活躍されたお1人である。その後、いくつかの私立学校の改革のサポートをしつつ、改革のパラドクスの病理と奮闘されてきた。
 
☆そして、今年大妻に就任された新校長と共に再び入試広報部主任として力を発揮するという。おそらく新校長は、伝統を大切にされながらも革新的な学びを開く=未来を拓くという信念をお持ちの方のように聞き及んでいるので、改革のパラドクスは発症しないだろう。
 
Photo_2
 
(写真は、同校サイトから)
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(68) 梅沢先生の勇退の意味するコト。

☆昨日、「梅沢先生を囲む会」があった。私立学校の重鎮や広報で活躍される先生方、教育関連企業の経営陣、各シンクタンクの代表や優秀なスタッフなど80名弱集まった。主役の梅沢先生が、万が一何か災害が起きたら、明日から東京の私立学校は機能しなくなると心配するほど大切な方々が集った。

(今回の企画は、文華女子の副校長梅田先生が、先輩として友人として私学人として尊敬する梅沢先生への想いを結実させた。そして、私学の応援団首都圏模試センターの取締役統括マネージャー山下氏の協力で冊子まで制作した、)

 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(67) 八雲学園 共学化そしてグローバルイマージョン

☆この4月、八雲学園は共学校スタート。同校のサイトにタブレット型PCを活用している授業シーンが公開されている。なんという変容。英語とICTが織りなす人間力と思考力が大きく広がる期待。
 
Photo_2
 

» 続きを読む

|

【21stCEO】21世紀型教育機構 2018年度第1回定例会④思考力再定義ワークショップ

☆定例会に参加した聖学院の児浦先生が、同僚の本橋先生と内田先生に、5月27日のプレGEC(グローバル教育カウンシル)で、「学びの再定義」ワークショップと「思考力の再定義」ワークショップのファシリテーターを行うことになったという話をされたようだ。児浦先生は「学びの再定義」の教師グループのファシリテーターで、本橋先生と内田先生は「思考力の再定義」ワークショップのファシリテーター。
 
Dsc05141
 
(児浦先生は、SGT/スーパーグローバルティーチャーとして多様なワークショップのファシリテーターの実践者である。)
 

» 続きを読む

|

【21stCEO】21世紀型教育機構 2018年度第1回定例会③根源の根源を問う時代

☆21世紀型教育機構副理事長平方邦行先生(工学院大学附属中学校・高等学校校長/一般財団法人東京私立中学高等学校協会副会長)は、2017年度の21世紀型教育機構の活動のまとめと2018年度の活動コンセプトを共有した。

Dsc04433

 

» 続きを読む

|

«【21stCEO】21世紀型教育機構 2018年度第1回定例会②