2019年中学入試の新フレーム(111) 桐朋女子 多様な入試 もともと新タイプ入試の先駆けだった。

☆桐朋女子は、同校サイトで、「2019年度中学入試について」公開した
2019/2/1(金)午前 A入試 科目:2教科(国・算)、口頭試問
2019/2/1(金)午後 Creative English入試:英語による面接含む
2019/2/2(土)午前 論理的思考力&発想力入試
2019/2/2(土)午後 B入試:2教科(国・算)または4教科(国・算・社・理)

» 続きを読む

|

【C軸思考問題】 思考コード分析でわかるコト③ 2種類の「思考とスキル」

☆思考コードごとに、偏差値レンジ別の正答率のグラフをみてきたわけだが、これを簡単に次のようなグラフに一般化というかイメージ化してみる。曲線は2種類にまとめられる。横軸は、偏差値でなくてまったく構わない。スコアレンジでかまわない。縦軸はそれぞれのレンジの反応率とする。
2
 

» 続きを読む

|

【C軸思考問題】 思考コード分析でわかるコト② 2つの識別値とZPD

前回のつづき。2018年4月15日に実施した首都圏模試センター「統一合判」の【算数】の結果を思考コード別平均正答率×偏差値レンジの分析結果(情報提供:首都圏模試センター)の表に「識別値α」と「識別値ω」の線などを書き込んでみた。

 

Photo

 

 

» 続きを読む

|

【C軸思考問題】 ドローイングはイメージではない。

☆「ドローイングはイメージではない」とは、ティム・インゴルドが著書「メイキング」の中で引用しているリチャード・タルポットの言葉である。
 
Dsc05764
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(110) 聖学院 柔らかい対話と柔らかい幾何 発想に満ちた男子校。

☆聖学院は、男子校の中で別次元の人気校。山手線隣接校には、開成、本郷、海城などがあるが、これらの学校は、レッドオーシャンの中でサバイブする能力資質を高めていく教育力が絶大。海城は、今では、そこを脱っする教育力を着々と構築してはいるが。
 
☆一方、聖学院はレッドオーシャンの中にブルーオーシャンを創発する才能とテクノロジーを身に着けられるオーセンティックな教育力が豊かに広がっている。
 
Dsc05761
 
(聖学院の教師と静岡聖光学院の教師と株式会社神崎メソッド代表が参加して学びのデザインのワークショップを開催。)
 
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(109) かえつ有明柔らかい対話を醸成するプログラムを実施。

☆かえつ有明の佐野和之先生からメールが届いた。「スパイダーウェブ(マンじゃないですよ笑)ディスカッションがホームページにアップされました。http://www.ariake.kaetsu.ac.jp/contents/news/25136/」と。

☆佐野先生と話をしていたときに、私がすぐにスパイダーマンWSと言うので、このような文になったのだろう。それはともかく、かえつ有明の雰囲気が魅力的なのは対話に満ちているからなのだが、それを授業にも徹底して埋め込むプログラムをついに実践するまでに進化しているのである。

 

Dsc05442

 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(108) 成城学園101年 日々新たな気づきが好奇心を生成し続けている。

☆101年目を迎えている成城学園。日本の教育の在り方を決定づけた精神と知性と感性が脈々と生き続けている。そのブランド力は、いわゆる御三家ブランドとは一線を画する別格な何かがある。それはいったい何であるか?首都圏模試センターの山下一氏(取締役・統括マネージャー)が、同校で講師を務めるというので、私もついていった。
 
Dsc05595
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(107) 神田女学園 女子校の再定義

☆本日、神田女学園は教育関係者説明会を開催した。高橋校長は、今まで積み上げてきた破格のグローバル教育が革新的女子教育校として女子校の再定義のインパクトを世に与える自信を見せた。
 
Dsc05543
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(106) 工学院を評価するシャーナリスト

☆15年以上前にNTS教育研究所(現在はない)で、リサーチャーとしてサポートしてくれた大学院生が、今はプレジンデントや日経関連の記者をしているジャーアリストがいる。自身イギリスやアメリカなど留学経験が豊富で、日本の新しい教育を求めている。
 
Dsc05517
 

» 続きを読む

|

2019年中学入試の新フレーム(105) 富士見丘 ソフトパワーを生み出す生徒輩出。時代の転換期を牽引する。

☆今春、富士見丘の卒業生の進路先が大きく転換した。世界大学ランキング100位以内の海外の大学にに7人の生徒が合格したし、200位以内まで含めると10人は超すだろう。日本の場合は、200位以内に入っているのは、東大と京大だけであることを鑑みると、すごいことが起きているのである。
 
☆本日の東京私立中学合同説明会で、同校の広報部長・国際部長の佐藤一成先生にお会いした。先生は、つい先日まで、シンガポールと香港で帰国生対象の説明会をしてきたばかり。吉田理事長校長はNYから昨日帰国、入れ替わりに白鶯教頭がロンドンに飛び立った。
 
Dsc05520
 

» 続きを読む

|

«2019年中学入試の新フレーム(104) 首都圏模試センター北林社長 私学と<未来社会>学