« 成長し続ける学校力[11]~小野学園女子の新広報戦略 | トップページ | 2008年私立中高一貫校動向(04) »

2008年私立中高一貫校動向(03)

2008年私立中高一貫校動向(02)のつづきです。2008年の首都圏の私立中高一貫校の動向を、12月に実施されたセンター模試でみていますが、男女の選択校の鳥瞰図はそれぞれ作成したので、今度はいくつかの視点に分けて、少し細かくリストを作っていきましょう。

0712_2 ★まずは首都圏男子選択校から。単純に志望校登録者数の多い順に並べてみました。200人以上集めた学校が並んでいます。このリストの41校のうち71%は前年対比がマイナスになっています。

★センター模試の母集団自体が、今年は6%弱減っていますから、多少マイナスになっていても、学校の応募者自体が減るとは限りません。また、この母集団の中で、人数も集め、前年対比もプラスになっているところは、予想以上に学校の応募者自体は増えるかもしれません。

★リストを見ると人気校の顔ぶれは変わりませんが、その中で、ここ数年神奈川大附属の人気が定着していることは注目に値します。大学進学実績もグローバルな発想の総合的な教育も充実しています。神奈川エリアでは、本音の部分で、大学進学実績に力点をおく男子選択校が多いのですが、そんな中で神奈川大付属は少し考え方が違う未来型の学校の可能性があります。 本間 勇人 Gate of Honma Note

|

« 成長し続ける学校力[11]~小野学園女子の新広報戦略 | トップページ | 2008年私立中高一貫校動向(04) »

文化・芸術」カテゴリの記事