« 2008年私立中高一貫校動向(09) | トップページ | 2008年私立中高一貫校動向(11) »

2008年私立中高一貫校動向(10)

2008年私立中高一貫校動向(09のつづきです。2008年の首都圏私立中高一貫校の女子選択校の動向を、12月に実施されたセンター模試でみていますが、今度は志望者数100人以上130人未満の層を抽出し、志望者数の多い順に並べてみました。

0712100 ☆このリストのうちクオリティスクール(エクセレントスクールも含みます)は66.7%占めています。志望者数200人以上の層では81%。150人以上200人未満の層では91.3%。130人以上150人未満の層では、66.7%でした。クオリティスクールへの期待は、戦略型もしくは変革型リーダーの輩出です。企業に入ってからの役職という狭い話ではないのです。

☆すべての人間は、自分に対してまずリーダーシップを発揮するものです。調整型のリーダーシップもあります。危機管理型のリーダーシップもあります。専門家型リーダーシップもあります。個人尊重型リーダーシップもあります。

☆いずれも選択決定は人それぞれですが、世界で活躍するリーダーは、自分では意識していなくても時代が牽引者として要請します。時代が呼びかけるリーダーは、戦略型もしくは変革型リーダーシップを発揮するリーダーですね。首都圏の私立中高一貫校に進学する生徒は、同年齢人口の3%ぐらいです。

☆この3%に時代は期待をかけるでしょう。もちろん20世紀型リーダーのように政治権力型リーダーではありません。それでは永遠平和はいつまでたっても世界にやってこないのですね。市場経済型リーダーです。カントも永遠平和論の中で、平和は「金の力」「商業精神」で!と言っています。

☆私学人の一人渋沢栄一が「経済道徳合一説」「論語と算盤」を著したのは、やはり普遍的な精神なんですね。麻布学園の創設者江原素六が、教育家であると同時に起業家でもあったのも同じですね。JGの矢島楫子が資金調達に奔走しながら女性の権利を、渡米までして保護する活動をしたのも同様です。あの孫正義さんが、サイバーハイスクール、サイバーユニバーシティを立ち上げているのも同様の考え方にあるでしょう。 本間 勇人 Gate of Honma Note

*参照

①学校選択~07首都圏女子校のクオリティスコア

②学校選択~07首都圏共学校のクオリティスコア

|

« 2008年私立中高一貫校動向(09) | トップページ | 2008年私立中高一貫校動向(11) »

文化・芸術」カテゴリの記事