« 09年中学入試に向けて[109] 淑徳巣鴨の希望の教育 [01] | トップページ | 09年中学入試に向けて[111] 白梅学園清修 教育学会入り ♪ »

09年中学入試に向けて[110] 私学人が考える教育のチェンジの先進性

☆この間、私学人の考え方あるいは時代認識を紹介しているが、認識として同じようなベクトルを考えその一部を強力に推し進めているのがETS(Educational Testing Service)である。

☆認識と授業プログラムでは、私立学校のほうが先進的であるが、ITベースのアセスメント・システムでは、ETSにかなわない。学校以外の教育産業でこれだけのことをやっているところも、日本にはない。

☆ETSが20世紀型のアセスメントとしてプレゼンしているシステムは、たしかに充実してはいるが・・・。

☆12分ほどの少し長いビデオであるが、ETSが構築している21世紀型のアセスメントは実に参考になる。20世紀型から21世紀型へという社会や教育のチェンジに基づいて評価方法や考え方もチェンジしているという流れになっている。

Watch our video, "Positioning Educational Assessment for the 21st Century" (Flash, 12:09/58.4MB)

☆それにしても、ETSの時代認識は、本ブログで紹介している東京女子学園の實吉校長の視点に近い。ETSはノンプロフィット組織で、21世紀の大競争時代をいかにしてサバイバルするか果敢に挑んでいる。そういう意味でも、私学人の気概に通じるのであろう。

参照)09年中学入試に向けて[105] 私学人の覚悟[02] 東京女子学園 實吉校長

|

« 09年中学入試に向けて[109] 淑徳巣鴨の希望の教育 [01] | トップページ | 09年中学入試に向けて[111] 白梅学園清修 教育学会入り ♪ »

文化・芸術」カテゴリの記事