« 09年中学入試に向けて[85]共立女子グループに潜在する教育の未来 [01] | トップページ | 09年中学入試に向けて[87]明大明治中の組織と授業 »

09年中学入試に向けて[86]Benesse私立中高一貫校向け新サービス始まる

View21 ☆2007年から、Benesseが開発してきた新教育プログラム「CEP」が軌道に乗り始めている。Benesse教育研究開発センター発行の“VIEW21(10月号)”には、その報告が掲載されている。

☆「学びの意欲の本質に迫る体験型学習を目指して」という表題で、西武文理の土岐教頭、聖光学院の工藤校長、鴎友学園女子の清水校長が、鼎談している。チーム学習、プレゼンテーションなどモチベーションアップが自ずと生まれるプログラムの重要性、そしてなんといってもイマジネーションを爆発させるインパクトのある体験の仕掛けについて興味深い議論がされている。

☆インパクトのある体験は、やはり学校と企業との連携以外にないだろう。NEC、博報堂、キューピー、マイクロソフト、ANAなど企業市民文化を築き上げてきた高度な知性の塊と学校との連携をコーディネートしているのがBenesseだと思う。

☆そして昨日(11月8日)、Benesseお茶の水ゼミナール渋谷校で「数学センスを磨くワークショップ」という私立中高一貫校向けの新商品がスタートした。このプログラムには、言うまでもなく、CEPにも流れているBenesseのハビトゥス(文化資本)あるいはミーム(文化遺伝子)が注入されており、参加した私立中高一貫校の中学3年生は、大いに数学の高次思考を楽しんだ。

☆このプログラムは、ベネッセコーポレーションの児浦良裕氏が中心になって開発している「中高生の数学体験型講座」の一環。現在児浦氏は、学校教員向け研修プログラムの開発にも従事しており、私立中高一貫校の知の財産の浸透と普及に努めている。

☆また、年間100回以上の教員向け、中高生・保護者向け研修会講師として講演もしている。したがって、私立中高一貫校のクリエーター集団を巻き込む動きが、今回のプログラムに結晶したともいえる。

☆それぞれの私立中高一貫校に偏在する知のクリエーターを一つの力に結集する児浦氏の活躍は、Benesseのミームだろう。今のところ、各学校でこのプログラムを実施するには人材パワーが足りない。そこで各私立学校から交通便のよい渋谷に集ってもらい実施するかたちになったのだろう。

☆人材パワーが足りないというのにはワケがある。それはCEPのようにワークショップを挿入しているので、TA(ティーチング・アシスタント)が必要である。このTAは全員東大生であるが、東大生なら誰でもよいのではなく、選抜がきちんとなされている。人材のクオリティへのこだわりが、結果的に少数精鋭TAチームになってしまっている。

☆教え込むタイプではなく、待つ姿勢のあるTAの役割がこのプログラム成立の一要素であるからやむを得まい。このTA育成研修がシステム化すればそれは解決されるが、このシステム化は今後の課題であろう。そのため、どうしてもはじめは小さく動いてやがて大きくという戦術をとらざるを得ないのであろう。

☆それに決定的に重要な点は、講師でもあるスーパーバイザーの育成である。2時間のプログラムは4つのステージを進行するように組み立てられている。<知っている→使える→解ける→楽しい>そして自学自習に意欲を燃やすという自宅自律学習につながるようになっている。自宅まで含めば、5つのステージで構成されていることになる。

☆そして各ステージには具体的なツールが用意されている。<知っている>には<確認トリガー>、<使える>には<トレーニングルーム>、<解ける>には<問題解決マップ>、<楽しい>には<別解に気づく振り返りマップ>、く自宅自律学習>には<チャレンジ問題>がそれぞれ用意されている。

☆このツールを使って、生徒一人ひとりの満足度を満たし、意欲を引き出すのはスーパーバイザーの腕の見せどころ。今のところ児浦氏以外に、この役割を果たせる頭脳がいない。スーパーバイザーの育成に若干時間がかかる。小さく初めて大きく育てるというのはそういうワケなのだと思う。

☆それにしても、第3ステージと第4ステージはダイナミックだ。スーパーバイザーとTAと生徒の三者の高次思考ゲームはワクワクする。しかも参加した中3生は、2時間どころか、授業終了後も、別解に挑んだり、チャンレジ問題に挑戦し、4時間も集中力を持続させていた。用意された問題の難易度は、工夫すれば、中3までの力で解けるというものの、大学入試レベルなのだ。

☆なんてたって、おもしろい解き方を披露して、東大生から「すばらしい」とか「柔軟だなぁ」という言葉を引き出せるのだ。めったに体験できない知の対話の瞬間である。

|

« 09年中学入試に向けて[85]共立女子グループに潜在する教育の未来 [01] | トップページ | 09年中学入試に向けて[87]明大明治中の組織と授業 »

文化・芸術」カテゴリの記事