« 09年中学入試に向けて[133] 首都圏中学受験志望者動向予想 16 | トップページ | 09年中学入試に向けて[135] 首都圏中学受験志望者動向予想 了 »

09年中学入試に向けて[134] 首都圏中学受験志望者動向予想 17

09年中学入試に向けて[133] 首都圏中学受験志望者動向予想 16」のつづき。

八雲学園の人気上昇は止まらない。来春も応募者増。その理由は、なんといってもコミュニケーションの質。教師と生徒はもちろんのこと、ステークホルダーとのコミュニケーションも実に配慮が行き届いている。相手に勇気と自信と意欲をわかせるその戦術は徹底している。これが人気のセオリーの1つ。

☆しかし、本当の戦略は、姉妹校ケイトスクールとのコラボレーション。大学でいうならば、ハーバード大学やスタンフォード大学とコラボしているようなものである。この重要な戦略に明確に気づいている受験生や保護者はまだまだ少ない。

☆それは徐々に明らかになっていく。ドメスティックな教育は、公立学校に任せ、私学はやはりグローバルでなければというわけだろう。海外研修に行ってますは、公立学校でもできるだろうが、プレップスクールとコラボできるかというとそれは難しいだろう。八雲学園の人気はこれからも続く。

☆鶴見線には、「安善駅」と「浅野駅」がある。日本の近代を作った実業家浅野総一郎の京浜工業地帯に力を貸したのが安田善次郎。駅名は二人の名前にユカリがあるわけだが、その安田善次郎翁が創設したのが安田学園。ここ数年、原点に立ち戻り、教育の質を高めているようだ。来春は増えるだろう。

☆山手学院は、神奈川エリアでも、異色の教育を実践しているといえる。非常にプラグマティックでポジティブな学校。明るいし自由だしタフな知性を育てている。受験市場に右顧左眄せずに、私学市場で十分に勝負できるが、受験市場のマーケットは利用できるうちは利用しようという戦術家がいる。よって、安定的な応募者数を確保している。

☆山脇学園は、OGやファミリー・ファンが支えているのだと思う。

☆横須賀学院は2007年以降人気が急上昇。本物教育とキリスト教の系譜学と青山学院大学とのコラボレーション「青学DAY」が、きめ細かい教育とダイナミックなプログラムを生み出している。来春も人気は続くし、さらなる驚くような戦略が着々と進んでいると聞き及ぶ。大いに期待したい。

☆横浜中は、大学進学実績が上昇している。それが人気の大きな要因だとは思うが、それだけではなくもっと骨太で広い教育プログラムをと考えている、ものすごい迫力あるグローバルな視野を持っている人材ががんばっている。このような人材を大切にしている限りは、人気は衰えないだろう。

☆横浜共立は、隔年現象で微減。

☆横浜国際翠陵の英語教育は、世界標準の言語能力を育成するプログラム。対話力・思考力・表現力を身につけるプログラムは、結局他の教科の学びのベースになっている。すべての教科の先生がかなり英語を話されるようだ。この比率が増せば、さらに伸びるだろうが、それはリーダーシップが発揮されればすぐにも解決するだろう。

☆横浜女学院は、来春も応募者数は増える。この人気の秘密は、徹底したセンスの良いコミュニケーション。たとえば、6年間一貫の教育プログラムの成長過程の表現が他校と全く違う。「出会いの時→輝きの時→感動の時→発見の時→思索の時→旅立ちの時」という表現になっている。このコミュニケーションのセンスがまた雰囲気を生みだす。

☆雰囲気は、一見主観的なように思えるが、いつも同じ良き雰囲気が流れているのだから、これは横浜女子学院の文化である。文化は実はエコロジカルに再生産可能なシステムがつくるのである。横浜女子学院の人気の持続可能性は、コミュニケーションが良い意味でシステム化されているということである。このシステムが他校や企業などの他の組織のロールモデルとして広まれば、横浜女子学院のブランド力は決定的になる。

☆横浜富士見丘は、新校舎移転、校名変更など改革を断行してから人気大沸騰。ビジョンとハードは確立した。あとは教師のソフトの問題。そこがうまくいくかどうかがカギ。来春は微減か。

☆横浜山手女子の人気は急上昇。横浜富士見丘とは異なり、昨年リベラルアーツというマスウケしないソフト改革路線を断行した。ところが、導入したソフトが、並みのリベラルアーツ・プログラムでなかった。IB(インターナショナル・バカロレア)とか中央大学の系列校化など、従来ある程度高い偏差値のある学校でしか手が届かなかった環境を、手に入れることができるのである。もちろん、構想はすごいがその実現はなかなか難しい。しかし、この賭けは、金融商品に比べれば、はるかに安全である。来春の横浜山手女子の応募者数は激増と予想。

|

« 09年中学入試に向けて[133] 首都圏中学受験志望者動向予想 16 | トップページ | 09年中学入試に向けて[135] 首都圏中学受験志望者動向予想 了 »

文化・芸術」カテゴリの記事