« 09≪横断力スコア≫首都圏共学校 | トップページ | 09年10月アクセスランキング100 »

09≪理念力スコア≫首都圏共学校

09≪横断力スコア≫首都圏共学校のつづき。

☆理念とはたんなるキャッチコピーでもトピックセンテンスでもない。他者の痛みを感じいるイマジネーションとそれを寛容に受け入れ自分は何をすべきか、自己の道を探究する気概の泉である。

☆だから、社会が激変するその全貌をできるだけシンプルにしかし広く深く想像する感性を養うプログラムが必要だし、その理念が校舎や施設、キャンパスに染みわたっている仕掛けがポイントになる。そして説明会は募集のためにではなく、その気概を伝播する場であるというのが第一で、その結果共振・共鳴し募集が成功するという戦略が大切なのである。

09【理念力】
○時代の変化への対応力
○生徒の潜在能力を引き出す教育空間デザイン力
○説明会の表現力(教育理念の具体的展開のプレゼン)

☆こう書くとほとばしる情熱で圧倒するようだが、そうではない。東京女子学園の説明会や文化祭に行けば、在校生がいろいろなおもてなしをしてくれる。これは共感を大事にしている同学園の表れの1つである。そしてそれが共振・共感を生む。それがまた、實吉校長の気概と優しく深い愛情を感じるトークと響き合う。

☆この女子校である東京女子学園の【理念力】は、しかしながら、≪私学の系譜≫と≪女学生の系譜≫という二重の意味で、長い歴史に支えられてもいる。

☆ところが、この一覧にある学校は、新しい共学が多い。伝統ある学校も、シングルスクールから共学校になったという意味では、まったく新しい学校もある。

☆そういう意味では【理念力】の構成の仕方は、伝統のある男子校や女子校とは違う。ともすれば理念なきポストモダン期に生まれた共学校は、【理念力】に対する関心が低い場合もある。

☆しかし、一方でかえつ有明のように、創設者嘉悦孝の現代的意義を脱構築して組み立てようとしている学校もある。これは≪私学の系譜≫の新しステージを拓く可能性がある。その可能性が何であるかは、まだわからない。

☆そういう意味で、共学校のあり方は、実は興味深いのである。

☆ところで、【理念力】とは端的に言って、「創造力」に等しいと思うのだが、どうだろうか。

|

« 09≪横断力スコア≫首都圏共学校 | トップページ | 09年10月アクセスランキング100 »

学校選択」カテゴリの記事