« 8月号「中学受験と私学中等教育」から④ | トップページ | かえつ有明の世界標準の教育環境 »

8月号「中学受験と私学中等教育」から⑤

8月号「中学受験と私学中等教育」から④のつづき。

☆2月3日男子受験校で、昨年対比100%以上の学校を列挙する。

筑波大駒場

慶應中等部

海城学園2

小石川 一般

武蔵高附属

暁星

逗子開成2

立川国際 一般

相模原

南多摩

明大中野八王子2

富士高附属

専修大松戸3

白鴎高附属 一般

三鷹 

城北埼玉3

藤嶺学園藤沢3

国学院久我山 ST2

横須賀学院2

淑徳3S特

横浜隼人4

☆公立中高一貫校の志望者数が増えているということが、特色だろうか。経済の低迷期における教育は、高学力低学費ということなのだろうか。

☆問題は、この高学力の意味。私学と公立で、学力観が違うのだが、その差異の意味に価値を感じるかどうかである。これは私学側の表現の努力にかかっているのかもしれない。合同説明会で、ここを啓蒙する表現は必要かもしれない。

|

« 8月号「中学受験と私学中等教育」から④ | トップページ | かえつ有明の世界標準の教育環境 »

受験市場」カテゴリの記事