« 麻布学園の図書館通信「衣錦尚絅」 時代をつかむ | トップページ | 青山学院中等部 上品な予定調和的な説明会 »

「学習塾ロジム」の意味

☆学習塾ロジムの経営陣がまた新しい本を執筆。「頭のいい子が育つロジカルシンキングの習慣」という本がそれだ。

共立女子の渡辺校長と学明舎の保護者会で対話型のスピーチをしたとき、こんな話をしたと紹介した。

知識の積み上げとそれらをつなげるだけの学力ではなく、激動の社会や世界の中で解なき出来事を自ら解決する発想とその自分で見つけた解を実現化していける論理的思考力を養うところに私学の学力観はある。

☆当日、さらに、共立女子の理科の問題と海城学園の社会の問題で、既存の知識をそれほど使わずに、論理的思考力によって解いていく問題をつかって、具体的に話を展開した。

☆このような問題を出題できる私学が、結果的にグッドスクールであるという話であるが、学習塾ロジムは、そのような問題を出題する学校(麻布とか桜蔭とか)に進学したいという生徒を対象に事業展開をしている。

☆だから、規模的にはそれほど大きくないだろうが、ビジョンは明快であり、そのビジョンはいまここでの利益をかせぐことばかりではなく、知識基盤社会に通じる学びの準備を小学校からしていかねばならない、そのような力を伸ばしていく環境のある学校を選ばなければならないというメッセージが明快である。

☆従来の塾は、入試問題を分析し、どのような知識が出題されるのか、そのデータベースを作り、徹底的にそのデータベースの暗記と引き出し方、運用の仕方を教示してきた。つまりベイトソンのいうところの第一次学習。

☆しかし、時代は学んだことを学ぶのではなく、学び方を学ぶことを求める第二次学習とさらに、渡辺校長との対話にあるように第三次学習が求められている時代である。

☆そこでは、偏差値を上げることをベースにした学習は役に立たない。本当はこれは正確ではない。ここでいう偏差値は、第一次学習の成果を測定している数値のことを意味しているだけで、第二次学習の成果を測定するテストができれば、そこで再び偏差値は測定学の計算にすぎないから、産出される。

☆だから、第一次学習の結果をベースにした学習と置き換えなければならない・・・。ともあれ、未来社会は知識データベースはiPhoneやiPadなど、計算機や電子辞書感覚で持ち歩いて調べることができるから、第二次学習、さらに第三次学習にシフトしているはずだ。

☆日本の教育は、まだまだそこにシフトする大きな転回は見られないが、学習塾ロジムの存在はそれを予兆しているのではあるまいか。

|

« 麻布学園の図書館通信「衣錦尚絅」 時代をつかむ | トップページ | 青山学院中等部 上品な予定調和的な説明会 »

教育イノベーション」カテゴリの記事