« 首都圏中学入試2012[32] | トップページ | 首都圏中学入試2012[34] »

首都圏中学入試2012[33]

☆昨日20日、東京エリアの私立中学の応募がスタート。雪が降った。かなり冷え込んだが、もしも入試当日雪が降った場合のシミュレーションができたかもしれない。昨年は応募初日が仏滅で出足が悪かったこともあり、前年同日対比は、男子校は111%。しかし、女子校と共学校は雪の影響は否めなかっただろう。本日の様子を見守ろう。

20120120

☆さて、20日現在ではあるが、昨年PISA型入試や適性検査型入試で、NHKでも話題になった佼成学園女子、東京女子学院は、実数は多いとは言えないが、応募者増になっている。先見性と私学の教育の質を維持したいという想いは通じているのではないか。

☆また、神奈川エリアの共学では、中央大学横浜山手に続いて、公文国際と横浜創英が応募者を増やしている。公文と創英は、グローバルな視野で言語活動とさまざまなアクティビティで有為な人材を形成しているから、注目されることは、中学入試市場の転機を促進する可能性がある。

☆厳しい状況の中で、目先の利益にとらわれない教育の質を追究しているほかの私学に勇気を与えるだろう。

|

« 首都圏中学入試2012[32] | トップページ | 首都圏中学入試2012[34] »

中学入試」カテゴリの記事