« 首都圏中学入試2012[39] | トップページ | 首都圏中学入試2012[41] »

首都圏中学入試2012[40]

☆読売新聞2012年1月22日によると、

私立同志社香里中(大阪府寝屋川市)が今月実施した2012年度入試で、全受験生に対し、併願校とその合否、通っている学習塾名を答えさせるアンケートを行ったことがわかった。府は、「入試の公平性に疑問を抱かせる」として、アンケートをやめるよう指導するほか、府内の他の私立中など65校で同様のアンケートが実施されていないか緊急調査する方針。


 

☆公平性に疑問?とは異なことを。

☆私立学校の募集は、市場で動いている。マーケティングの一種であり、その正当性や信頼性を損ねれば、生徒は集まらない。

☆府がマーケットにいかなる権限があって、介入するのか。

☆まさか助成金を出しているから、コントロールできるというのだろうか。

☆助成金の出どころは税金である。

☆何か勘違いしているのではないか。

☆お上が市場をコントロールするには、

☆なんらかの権利が侵害されたことが証明されたときだろう。

☆それも法的根拠があるのかどうか?少なくとも教育基本法には

☆求めるには相当な議論が必要である。

☆もし、記事が本当ならば、官尊民卑、パワハラの疑問を抱かせる。となるのでは?

|

« 首都圏中学入試2012[39] | トップページ | 首都圏中学入試2012[41] »

中学入試」カテゴリの記事