« 東洋経済を読む 本当に強い!中高一貫校2012 [01] | トップページ | 苅谷剛彦氏の日本の高等教育の病の指摘 »

土浦日大中等教育学校 ハーバードを射程に

☆グローバル人材育成、第2のIT革命、スマートシティ、英語の社内公用語化、TPP、英米が東アジアとの新たな関係を模索・・・・・・などというキーワードが日常にあふれている昨今、それに呼応するかのように東大の秋入学の話は話題になっている。都教委もIBだ!留学生だ!と叫んでいる。

☆しかし、これらのダイナミックな動きに対応するには、中等教育段階ですでにイノベーティブな教育を行っていなければならない。そんなことが一朝一夕に可能なのか?可能なわけはないが、着々と準備をしてきたイノベーティブスクールがある。それは土浦日本大学中等教育である。

☆いったいイノベーティブスクールとはどういう学校だというのだろう。その定義を教えて欲しいと問われたら、それは土浦日大中等教育学校を見に行くとよいですよと答えざるを得ない。それでは答えになっていない。トートロジーだと言われるのなら、まずは同校の教育方針をご覧になることをおススメする。次のように述べられている。

夢を実現する確かな『学力』の育成
六年間教育システムによる『学力』の向上を確固とする
   …… 教科指導目標に支えられた工夫ある効果的な授業で,学力の確実な向上を図る
   …… 本校の個性あふれる自学習活動を通して,前期課程では,幅広い確かな基本学力を,後期課程では,発展的で実績創出可能な学力の獲得を図る
   …… 東京大学・ハーバード大学・日本大学医学部への実績を確固として,日本一・世界一の中等教育学校を標榜する

知の時代を生きる精神性を養成し,『真の学力』育成を図る
   …… 道徳・LHR・合同HR等による講話指導により,考え・表現する力を養成する
   …… 聞き・考え・書く学習を推進し,論理的な思考力と提案能力を養成する

世界に向かって発信できる『国際力』の育成
豊かな表現能力の育成
   …… 確かな日本語の獲得に加えて,豊かな英語表現力を身につけ,自己の考えを伝える力を養成する
   …… ボーディング・スクール等を通し,豊かな感性と国際性を身につける

IT活用能力の育成
   …… 情報収集,分析,編集,発信という21世紀に必要な先進能力を育成する
   …… 先端技術を駆使し,人類の発展に貢献できる確固とした人間性を育成する

フォリナーの先生方のバックボーンを活用し,世界への視野を広げる
   …… さまざまな国からやってきた8名のフォリナーの先生方から異文化を体得し,幅広い国際性を身につける

リーダーとして,たくましく活動できる『人間力』の育成
地域及び我が国の自然・文化・歴史を学習し,自己存在の基盤を把握する
   …… 土浦・筑波・霞ヶ浦など日々生活する地域の自然と歴史の研究と発表
   …… 京都・奈良・広島研修を通して,我が国の自然・文化・歴史の研究と発表

他者への思いやりの心,そして,自分の心の成長を促進する
   …… 学校周辺の清掃美化活動等を行い,他者を思いやる心を醸成する
   …… 公共のマナーを遵守し,前途有為な社会人として規律を身につける

切磋琢磨する中で,人間関係の素晴らしさを学習する
   …… スポーツを通して仲間意識を高揚し,一致団結して勝利を目指す心構えを養う
   …… 仲間意識を高め,協力して,物事を達成する喜びを味わう

☆要するに、英語、IT、リーダーシップ、そしてそれらをベースに真の学力を身につけ、「東京大学・ハーバード大学・日本大学医学部への実績を確固として,日本一・世界一の中等教育学校を標榜する」。このような教育目標を明快に表明し、実現する学校がイノベーティブスクールである。

☆東大はあり得るし、今までの実績から日大医学部も十分に可能だというのは誰でも了解できるだろうが、ハーバード大学となると、その根拠はと問われるかもしれない。

☆たしかに偏差値が高くて、経済的に余裕があれば入れるという大学ではない。海外の大学に行きたくなる必然性や偏差値では測れない広い視野と深い洞察力が必要である。

Photo


☆そうまさにその準備ができたのである。中川校長いわく、

「実際にボーディングスクールで学び、ケンブリッジ大学やハーバード大学、MITを散策する長期にわたる研修旅行は伝統として定着したのですから、在校生みなが海外の大学について語る環境ができあがっています。実際に毎年海外大学に進学した先輩に、後輩たちは刺激を受けています。そして何より偏差値では測れない才能を持っている生徒がうちにはたくさんいるのです」と。

☆また、西山副校長はこう語った。

「ただ散策しているわけではないんですよ。ケンブリッジやハーバードを歩いたり、ボーディングスクールのスタッフと話したりしていると、自分たちはこのような大学の進路を考えてもいいのではないかという議論になるのです」

☆と生徒たちの成長ぶりを見逃さない。これらの体験の継承が、実際に海外大学への道を開いてきたし、その実績の蓄積は、たしかにいずれハーバードに到達するだろう。

☆そして、なによりその確信は、中川校長自ら道徳の授業を行い、生徒たちの成長と才能開花の手ごたえを感じているからである。優れた教師は、模擬試験で生徒の能力に気づくのではない。自らの経験に照らし合わせて生徒の才能を見抜くものである。

|

« 東洋経済を読む 本当に強い!中高一貫校2012 [01] | トップページ | 苅谷剛彦氏の日本の高等教育の病の指摘 »

Innovative School」カテゴリの記事