« 21世紀型教育のベクトル | トップページ | 変わる教育[03] 富士見丘の教師力 »

変わる教育[02] 麻布の入試問題

Photo
☆これは、今年の麻布の社会の入試問題。

☆この問題自体は難しくはない。しかし、この問題をなんのためにだしたのかということが重要である。

☆逆に言えば、この問題を見た瞬間に、どんなコンテクストを広げられるかである。問題を解くよりも、この問題だけで、いろいろ議論するととてもおもしろい。

☆専門的な知識がなくても、ネットワーク、信用、平和、価値、価値基準、便利、交換可能性、信用崩壊、改革といったキーワードが思い浮かぶだろう。

☆そして、この人間関係の信用性を構築する価値基準が、たとえば貨幣であるとどうなるだろう。

☆麻布の問題はそういう問題である。貨幣の知識を記憶するよりも、信用や貨幣の原理を問う視点が社会の問題の背景にある。そこを学ぶ準備をすれば、麻布の入試問題を考えるモチベーションがあがる。

☆こういう入試問題を出題する学校が21世紀型教育のベースをもっているのである。

|

« 21世紀型教育のベクトル | トップページ | 変わる教育[03] 富士見丘の教師力 »

教育イノベーション」カテゴリの記事