« 週間ランキング≪私学研ホンマノオト≫ベスト25(12年11月2週目) | トップページ | 2013中学受験【11】 開成の存在理由② »

2013中学受験【10】 開成の存在理由①

☆業界筋では、いわゆる御三家の中で1人勝ちは開成。もちろん、このグループは定員割れなど関係ないから、生徒募集の増減は、御三家を揺るがすものではないと。難関10校とかいう受験業界のグループに拡張すると駒場東邦とフェリスが生徒募集増で、ほかは微減ということのようだ。

Pb084210

☆ところで、そんな中で、だれも開成の存在理由を問おうとしないのは、中学受験市場のフリーズを映し出している。だから、開成は、営業努力をしなくても、まわりが勝手に宣伝してくれるからとこの経済危機の時代に、ただ乗り論を振り返ろうとしない。この発想はデフレ促進の発想にほかならないのに。

☆初代校長高橋是清は、この事態をなんと思っただろう。緊縮財政ですばらしいと言っただろうか。健全な市場経済とそれをささえる健全な官僚制度を形成するために、そして健全な東京大学をつくるために、人材を送ろうとした高橋是清。

☆2・26事件の凶弾に倒れた邸宅跡地は、今は公園になり、その庭園の面影と高橋是清の姿がそこにある。

☆開成の生徒は、ここを年に何回か訪れるということはあるだろうか。

☆結構開成の存在理由は、歴史的にも重いし、未来にかけても重要なはずであるが、リバタリアニズムの支配が、未来国家への責任を軽くしている。

☆トレンドであるが、それを後押ししているのは中学受験市場である。この市場が価値観を変えると、開成も変わる。

☆結局開成の存在理由は、ただ乗り論でやってきたために、受験市場に色濃く支配されている可能性がある。

|

« 週間ランキング≪私学研ホンマノオト≫ベスト25(12年11月2週目) | トップページ | 2013中学受験【11】 開成の存在理由② »

中学入試」カテゴリの記事