« 教育インパクト[05] 小泉成器vs.ジャパネットたかた にみる教育の変化 | トップページ | 2013中学受験【56】 かえつ有明イブ説明会 リベラルアーツの贈り物② »

2013中学受験【55】 かえつ有明イブ説明会 リベラルアーツの贈り物①

☆今日、かえつ有明では、クリスマスイブ説明会を開催。「しずけき」からもてなしが始まり、先輩たちが今年のNHK合唱コンクールの課題曲「がんばれ(YUI)」をうたって、受験生にエールを贈った。

Pc240807

☆そして嘉悦校長が登場。受験生に、かえつ有明は何でも日本で一番目に事を成すんだよと語りかけた。共学だけど授業は別学というシステムは、日本で初めてだよ。目的は同じでも男女それぞれのやり方に特徴がある。有明の地に移転して6年が経ち、そのことに気づいたのですと語った。

Pc240858
☆創立以来、人材育成にこだわってきたから、気づくことができたと。日本は資源小国だから、世界で活躍するには人材資源を育てることが一番である。それは男女問わずだけれど、110年前は、女子の教育はまだまだ進んでいなかった。だから商業技術を女性にも身に着けてもらおうと女子教育から始めたのです。今で言えばキャリア教育だけれど、これも始めたのは日本で一番目だったのですと、日本の近代形成とかえつ有明の歩みの深い関係を語った。

Pc240860

☆この時期だからこそ、受験生は校長の歴史とビジョンの知的な話をしっかり受けとめることができたようだ。校長の話が終わると、生徒はいよいよ作文入試対策講座を体験しに、図書室「ドルフィン」に向かった。

|

« 教育インパクト[05] 小泉成器vs.ジャパネットたかた にみる教育の変化 | トップページ | 2013中学受験【56】 かえつ有明イブ説明会 リベラルアーツの贈り物② »

中学入試」カテゴリの記事