« めざせハーバード!めざせ東大!めざせ日大医学部! 土浦日大中等教育学校の気概 | トップページ | こんな学校は選ばない方がよい »

21世紀型教育 論理を学ぶ時代から体得する時代へ

☆論理的な思考は重要であるが、論理とは何かなんてレクチャーを受けているぐらい思考停止している時間はない。思考のプロセスを見える化して、フォームにしたがってなどというのは、つまらないというのが、今の子どもたち。

☆ゲームをやっている感覚で学び、それでいつの間にか論理的な思考やクリティカルシンキングが身についているというのでなければ、世界の舞台でリーダーシップなどとれないだろう。

☆ピアノを弾きながら、指をどう運ぶのか論理的に考えるや、音楽は停止するだろう。サッカーをやっていて、どうやったらシュートを決められるか論理的に考えていたらパスなどできないだろう。

☆論理を見える化するのでは、まだまだプログラムとしては未成熟である。見える化された論理は、見えなくしなければならない。一見闇雲に学んでいたり、なんちゃって思考力のように見えるかもしれない。

☆しかし、実際はち密に計算されているシミュレーションゲームであり、ゲーミフィケーション的手法でできあがっているプログラムこそ優れている。

☆論理的な思考とは何かとか、考える手順は見える化しようなんて言っているうちは、機能むき出しの不粋な作品で、アーティスティックでない。

☆これからの学校選択では、説明会に参加して、一瞬にして自分が変わるほどのプログラムをデザインするような学校が望まれるだろう。時代はアーティスティックでなくっちゃ!プレイフルラーニングでなくっちゃ!ナレッジ・コモンズでなくっちゃ!ゲーミフィケーションでなくっちゃ!

☆成長物語が埋め込まれている理屈でなくっちゃ♪

☆現代思想や現代美術の極限に学びもなくっちゃ♪♪

|

« めざせハーバード!めざせ東大!めざせ日大医学部! 土浦日大中等教育学校の気概 | トップページ | こんな学校は選ばない方がよい »

21世紀型教育」カテゴリの記事