« 立教女学院 GIL路線を突き進む | トップページ | 私学研ブログ週間ランキング30(2013年4月1週目) »

山脇学園 合格実績 ここまでやる!

☆今年1月30日に本ブログに掲載した記事「2013中学受験【110】 山脇学園の人気と持続可能性」は、週間ランキングでも、月間ランキングでも、常に上位に位置している。

☆それだけ、注目されている女子校であるのは言うまでもないが、今年の大学進学実績は凄まじい。

Yamawaki

☆高精度20世紀型教育を徹底した結果だろうが、ここまでやるのかあと感服。卒業生数が242名なのに、上記一覧の大学に277人が合格。もちろん延べ人数だが、ここまで合格すれば、納得の一言。

☆あとは東大やハーバードなどの合格者を出せば、いきなり鴎友学園女子や洗足学園と同じくらい魅力的な学校になる可能性がある。

☆経営陣の決断と覚悟が、ある意味成功に導いたということになる。しかし、別の意味で、山脇の改革は、21世紀の女性のキャリアデザインに、鴎友学園女子や洗足学園とは違うモデルを創ることになるといえるかもしれない。

☆これはもちろん、まだ検証できていないのだが、山脇学園のこの流れをキーワードで表現すると、「有用性」となるのではないだろうか。女子教育に「有用性」というのが前面にでてきたことはあっただろうか。

☆変幻自在に現実に適応する「有用性」こそ女子教育における新しい不易流行、もしくは日本文化的な不易流行のあり方なのかもしれない。今後も目が離せない。

|

« 立教女学院 GIL路線を突き進む | トップページ | 私学研ブログ週間ランキング30(2013年4月1週目) »

合格実績」カテゴリの記事