« 2025年にサバイブする中等教育学校&大学 | トップページ | 2025年にサバイブする中等教育学校&大学 (3) »

2025年にサバイブする中等教育学校&大学 (2)

☆EIKOH学び倶楽部2013年6月18日によると、

川崎市は来年4月に、市内初の中高一貫校、川崎市立川崎高校附属中学校の開校を予定している。同校では、21世紀型スキル(コミュニケーション力、問題解決力、ICT活用力など)の育成を目指し、生徒が一人一台ずつ持つノートPCを用いた授業などを展開するという。

☆ICT機器の有効的な活用法や21世紀型スキルを効果的に育成するカリキュラムの作成法などを協働で行っていくらしい。この成果は検証され、川崎市に広げていく予定だという。

☆これは実におもしろい。やはりまず公立の中高一貫校と連携するところから開始されるのである。21世紀型スキルには、メタ認知とシチズンシップが養成されるプログラムも予定されているが、これは現行学習指導要領にはない。

☆したがって、中高一貫校は、特例でそこの部分はやれるにしても、市全体に広げる時は、そこの部分はカットして伝わる恐れがある。

☆すると、魂がないから、システマチックになる。システマチックになると実は2025年には、そこは学校でなくてもすんなりできることになる。オンライン講座で、あとはコミュニティスクールであればよいということになる。

☆たとえば、インテルスクールが管理し、カリキュラムは中高一貫校がつくり、そこでの授業をオンラインで行い、知識認定テストもオンラインで行うということになる。ICTで行うから、グローバルスタンダードの知識認定テストとなっているだろう。

☆部活やスポーツはすべてアクティビティとして、企業が運営する教育サービスをうければよいことになる。負担はあくまで個人だが、コミュニティで運営するから、たんなる自己負担ではなく自然秩序型経済の市場の原理で事は運ぶだろう。

☆教師はインテルスクールに雇用され、ファシリテータかコーチングを行うスタッフになるだろう。給料はあがるが、年金はわからない。もちろん、起業してしまって構わない。オンライン講座とオンライン認定テストを子どもは受講するわけだから、ホームスクーリングでもよいということになるだろうから。

☆一方中高一貫校の教師は、もう少し専門性がでてくる。大学でリベラルアーツの教鞭をとるくらいのトレーニングを積むことになるだろう。

☆こうして35%の中等教育学校は質を高次レベルにまでステージアップし、それにつながる35%の大学だけがサバイブする。

☆65%は、チャータースクール化し、企業ベースのコミュニティ運営に変容する。ここではICTと英語が中心になり、日常生活のアイデアが商品として海外に販売されるようになる。

☆よいかわるいかは判断がつかないが、20世紀型のものづくり産業は日本からは消える。巨大なものづくり社会は、ものづくりがゆえに、自然を破壊し、双方向の情報のやりとりや交通・コミュニケーションに偏差をつくってきた。そこをフラット化する個のメ―カーズ時代がやってきたのである。

☆しかし、これは2025年段階のまだまだ過渡的通過点の話。35%も海外の中等教育と海外の大学に包摂される可能性もある。その海外の中等教育学校と大学をリードする拠点校だけは残るが、その拠点が日本にある必要はない。これがグローバリゼーションの行きつく姿だろう。

☆もちろん、その拠点校が海外から日本に集結することもあるだろう。いずれにしても空間的制約が問題ではなく、優れたアイデアを創出できる人材をどれだけ輩出できるかだけが重要なのである。

☆まさか―!と思う方は、自分が生きていく糧や利権を今の社会に拠っているからである。論理的には、そうなるが、そうならないようにしたいという欲求ももちろんある。しかし、変化の論理流れの勢いの方が今は強いし、加速している。フィンランドのノキアも、起業家をどんどん輩出し、なんとかバランスをとろうとしている。

☆しかし、ノキアにとってのバランスは自然秩序社会にとっては不均衡である。社会は均衡点を求めて動くのは必然であろう。

☆そうそう以上の発想は、すでに私立中高一貫校がすでに実現している。なぜか、私立大学はそうはなっていない。制度上、私立学校の中でも、小中校の私立のみが、理想の場を戦後残されたのである。それが戦後教育基本法の巧みさであり、今のところ改革教育基本法もそこを侵食することはできていない。そこは歴史上実におもしろ。おそらく日本固有の教育システムだろう。

☆もっとも、今までは、周りの環境がその自然秩序型経済ベースの私立学校の教育を見えなくしていたのであり、そのことに私学人の中にも気づいていない人もいるぐらいだ。

|

« 2025年にサバイブする中等教育学校&大学 | トップページ | 2025年にサバイブする中等教育学校&大学 (3) »

21世紀型教育」カテゴリの記事