« 三木谷氏、今の日本経済を計画資本主義だと指摘 | トップページ | TOEFL Juniorメールニュース CEFRの意味 »

八雲学園に学ぼう! あのイェール大学と交流

☆八雲学園のサイトを見ていたら、こんな記事が掲載されていた。

Yakumo1 写真は同校サイトから

アメリカの名門Yale大学から12名のアカペラグループが来校しました。初日はホールでコンサートを行い、透き通った歌声を披露してくれました。本校の声楽部と一緒に「ふるさと」も歌って頂きました。2日目は学校でさまざまな文化交流を行いました。生徒に交じって書道や調理、空手、英会話の授業に参加したり、放課後も吹奏楽部や軽音楽部、茶道部などとも交流しました。生徒達もさまざまな交流を通じてたくさんの刺激を受けたようです。

☆5月30日・31日の話であるが、このさり気ない書き方に驚いた。イェール大学といえば、ハーバード、プリンストンに並べ老舗の大学で、あのアイビーリーグの大学。HYPと呼ばれていて、世界ランキングが破格に上位なのは言うまでもない。

☆八雲学園はアメリカ西海岸に研修施設を持っているほどだから、スタンフォードと並ぶBIG4と交流するという予告なのだろうか?

☆生徒の感想によると、

調理実習では、自分たちで英語を使ってYale大の方と日本料理を作りました。今まで学習してきた文法や単語を使ってコミュニケーションをとるということは難しいことでもあったのですが、Yale大の方と会話が通じ合った時の喜びと感動は忘れられません。この実習で味わった感覚はずっと大切にしていきたいです。

☆「この実習で味わった感覚はずっと大切にしていきたいです」というのは、BIG4のどれかに行きたいということでもあるのだろう。

Yaumo2

☆政府官僚は、日本語IBだと騒いでいるが、八雲のように私立学校は、ネットワークで、IBレベルの環境をつくることができる。

☆姉妹校プレップスクールのケイトスクールとの出会いが象徴的であるが、政府とか官僚の介在なしで、八雲学園の教育の質そのものでリンクしたのである。

☆グローバル教育とは、国家の力を借りて教育をすることではない。教育の質それ自体(もちろん破格でなければならない)を互いに尊重し合うことで、海外の中等教育学校や高等教育学校とリンクの輪を広めていくことなのである。

|

« 三木谷氏、今の日本経済を計画資本主義だと指摘 | トップページ | TOEFL Juniorメールニュース CEFRの意味 »

21世紀型教育」カテゴリの記事