« グローバル人材に必要なのは高次思考で日常的思考とは違う | トップページ | 子どもの未来のための学校選択 »

高次思考はもちろん公立でも身に着けられる

☆前回お話しした高次思考なるものは、21世紀型教育を標榜(無意識に実践しているところも含んでもよい)している私立学校でしか身につけられないのか?

Paradigmchange

☆いや、21世紀型教育を行えば私立であろうが、公立であろうが、どこでも身につけられる。ただ、もう一つ問題なのは、その高次思考を身につけた証明を海外の大学に示さねばならないということだ。

☆その証の一つに、政府官僚が導入しようとしている日本語IBなるものがある。しかし、これは選ばれし学校ということになる。

☆日本語IBの認定取得をしていない学校ではどうなるのか?そもそもIBだけがパスワードではない。パスワードは多様である。そう考えられないようでは、世界では戦えない。

☆だから、どんな環境でも、世界は開かれているのである。それにはオリジナリティがものをいう。どんなに試験の成績やIB、Aレベルなどのスコアが高くても、このオリジナリティがなければ、世界で戦えない。

☆オリジナリティがあるこらこそ、世界のネットワークのノードになれる。ノードには、多様な才能がリンクして集まる。だから21世紀型教育は、知の構造にオリジナリティが融合した人材が育ち、それゆえ無限のリンクの可能性がそこに収束し、発散していく。

☆ところが、20世紀型は、そのノードというノードに、上記の図では、センターにみえるノードに教師が居座ってしまう。しかも、オリジナリティは主観であって客観ではないとカントもそんな考えは崇高でもないし美しくないと言った二元論をずっと押し付けている。

☆そういうところから、教師が解放されて上の図で言えばセンターに、グローバルには各ノードに生徒が自らを位置づければ、世界が生徒1人ひとりにつながる。

☆現状では、選ばれし公立学校や、時代を読み切っている私立学校が先行せざるを得ない。そうそう時代を読み切っているすごい家庭もあるから、そういうところが、今は21世紀型教育の拠点にならざるを得ないが、やがては、グローバルな規模で広まるだろう。

☆ただ、いまここでという時代でまだそうなっていないわけだから、今はそういう拠点を探し、選択せざるを得ない時代なのであるという認識は必要。子どもは時代を選ぶことはできないが、現状でベストな教育環境を選ぶことはできるのである

|

« グローバル人材に必要なのは高次思考で日常的思考とは違う | トップページ | 子どもの未来のための学校選択 »

21世紀型教育」カテゴリの記事