« 本日18日 東京都私立学校展 国際フォーラムで | トップページ | 私学展 新しいうねり »

私学展 スナップ

☆昨日あまりに混雑していて、いくつかしかスナップを撮ることができなかったが、ご紹介しよう。

Dsc01886

☆麻布は、たくさん人が集まっていたが、それは予想するまでもないのだが、とても大事なことは、麻布の中学受験問題。小難しい知識は問わず、論理的かつ創造的に考え表現する良問を出題し続けている。

☆私立公立問わず、この質感の問いかけが初等教育で行われれば、グローバル人材育成事業など必要ないぐらいである。

☆麻布の問題と質的に競争するような私立学校がどんどん出てくれば、それがそのまま教育改革になる。そしていわゆる模擬試験では、この手の問題は出題できないから、偏差値による学校選択は無意味になる。

☆もちろん、模擬試験会社も、麻布のような問題のエッセンスを盛り込むことはできる。もしそうなれば、それはそれで、健全な受験業界を形成でき、それも教育改革の一翼を担うことになるだろう。

Dsc01890
☆麻布の質感を有し、独自の教育を新機軸で行っていく学校は、まずは順天である。高校からの新設サイエンスコース、イングリッシュコースは、たしかに破格だが、それができる準備が久しい間の積み上げでできている。

Dsc01911
☆聖徳学園も長年積み上げてきたセルハイ指定校としての実績、脳科学の研究の成果の上に新しい大学や企業との連携教育が着々と進んでいる。グローバル教育とイノベーション教育が日々の教育活動として浸透しているのである。

Dsc01903
☆富士見丘は、ロンドンキングズカレッジとの提携をはじめ、カリフォルニア州やオーストラリア、イギリスとの名門高校と連携し多様な留学制度を構築。すでにスーパーグローバルハイスクール構想を先駆けている。

Dsc01905
☆文化学園大学杉並も、来年度から破格の日本初のグローバル教育を実践する。日本語IBコース以上にパワフルなプログラムが実施される予定になっており、人気がでてきている。

Dsc01912
☆英語の佼成女子から留学の佼成女子にジャンプしようとしている。中学3年生での長期留学、ロンドン大学との提携など、やはりスーパーグローバルハイスクールの先駆けになっている。

☆京王線、中央線で近隣関係にある富士見丘、文杉、佼成女子の3校のグローバル教育における質の競争は、新しい受験市場の幕開けになるだろう。

Dsc01892
☆桜丘は、説明会におけるスーパープレゼンテーションに象徴されているように、グローバル教育とイノベーション教育のソフトパワーの迫力が凄い。道具としての英語やタブレットが目的ではなく、まったく新しい学びのビジョンとメソッドに翼を広げている。そこに気づいている受験生がどんどん増えている。

Dsc01887
☆かえつ有明の「サイエンス科」と「国際教養」とそれを通しての「進路指導」という三本の矢の威力は証明済み。人気上昇は留まるところを知らない勢い。自信たっぷりで、未来を見据えている石川副校長の姿が印象的。

Dsc01894
☆すでに盤石の工学院であるが、だからこそ今、平方新校長のもとで教育のバージョンアップが仕掛けられている。そのビジョンが在校生にまで浸透している口コミが生まれているところが、興味深い。環境工学、生態学的家庭科、学校図書館の探究学習が、他教科とリンクする新しい教育パラダイムの学校。東京の西から新しい旋風の予感。

Dsc01901

☆盤石の経営と教育の両輪を回転させている八雲学園。グローバル教育の次の一手で加速する。秋以降のさらなるブレイクが楽しみである。

|

« 本日18日 東京都私立学校展 国際フォーラムで | トップページ | 私学展 新しいうねり »

学校選択」カテゴリの記事