« 最適比較優位の学校選択のために | トップページ | 学習塾のアジア戦略の意味 »

最適比較優位による学校選択は質感に耳を澄ます

☆さて、最適優位による学校選択だが、たとえば同じグループの雙葉とJG。桜蔭は、目的合理主義×目的合理主義だから、豊島岡女子や大妻グループを選べばよいが、雙葉とJGは、リベラルアーツ主義×リベラルアーツ主義だから、豊島岡女子よりも鴎友学園女子や共立女子を選んだりということになる。

☆では、雙葉とJGだとどう違うのか?

☆雙葉はマザーテレサに憧れながらファーストクラスに留まる教育。

☆JGは世界を変えるクリエイティブクラスが育つ教育。

☆質感が違う。この質感の違いは、耳を澄まさないとなかなか理解しにくい。

☆麻布と開成はやはり同じグループだから、それとは違う浅野や聖光を併願するのは最適比較優位ではなく、最善比較優位、つまり偏差値競争優位で選んでいることになる。

☆どちらの比較優位の方法に拠るかは、価値観の問題だから、どちらが正しいかはわからない。

☆その中間として、海城や筑駒を選ぶのはありだろう。

☆こんな感じで、学校選択をすることもできるのではないか。

|

« 最適比較優位の学校選択のために | トップページ | 学習塾のアジア戦略の意味 »

学校選択」カテゴリの記事