« 佼成学園女子のできるコト 終戦の日に | トップページ | 最適比較優位による学校選択は質感に耳を澄ます »

最適比較優位の学校選択のために

☆最近、最善比較優位から最適比較優位による学校選択へという趣旨の記事を書いた。

Photo

☆最善比較優位はいわゆる偏差値競争。最適比較は、質感が似ている学校群に分けるだけで、優劣はない。だから、上記座標は、思いつくまま学校を記入していった。

☆この座標系の最適比較優位の軸は2つ。グロ―バル教育とイノベーション教育。そして同じグローバル教育、イノベーション教育でも、目的合理主義によっているグループと不合理は相いれないが非合理は受け入れる複雑系を許容するリベラルアーツ主義によっているグループの2つに分けた。

☆リベラルアーツは、そのようなアンビバレンツを解決しようというコラボや対話が行われる。

☆この座標系に入らない学校は、伝統(教養)主義とした。リベラルアーツと違い、アンビバレンツな意識を理解できる見識を講義によって教える教育を行っている学校。

☆すべての学校を記入していないのは、首都圏に絞ったのと(ときどき例外もある)、判断がつかなかったという理由である。

☆8月17日(土)、18日(日)は、国際フォーラムで東京の私立学校が一堂に会する進学相談会。選択を考えるうえで、参考になれば幸いである。

Img444

|

« 佼成学園女子のできるコト 終戦の日に | トップページ | 最適比較優位による学校選択は質感に耳を澄ます »

学校選択」カテゴリの記事