« 大学運営から教授会排除を? | トップページ | 八雲学園の感性教育 新しいリベラルアーツ »

東京女子学園 実績を出す「新しい教養教育」

☆年々、東京女子学園の大学進学実績がアップしているのは、有名な話であるが、進学実績を出すための教育を行っているわけではない。

☆しかし、生徒の未来が幸せになるように、今大学に行くことがよりよい道であると生徒自身が意思決定した時に、全面的にサポートするシステムは完備している。

Img497

☆だから、伝統的な教養教育を行い、グローバル教育やICT教育をやった結果として大学進学実績がでましたというようなキレイゴトを並べるような学校ではない。

☆むしろ、実際的な教育と教養教育を統合させ、いまここで生徒が壁を乗り越える実践的なスキルをトレーニングするシステムの中に、未来の激変に柔軟に対応して、より善い生き方ができる知恵を埋め込む「新しい教養」教育が、20世紀末から積み上げてきた21世紀型教育の実践によって確立したと言えるのではないか。

Img498
☆この何気ない進路指導のサイクル図であるが、ここに「リフレクション」というメタ認知が埋め込まれていることは、明らかである。英語の授業、国語の授業、社会の授業・・・、そしてキャリアデザインのプログラム、そのすべてに、生徒自らが、自分の言動や思考過程、プレゼンのポートフォリオをリフレクションするコミュニケーションで満ちている学校が東京女子学園である。

☆その奥義については、21会サイトに取材記事を掲載。ご覧いただきたい。

・東京女子学園の21世紀型教育(1)新しい教養 
・東京女子学園の21世紀型教育(2)グローバル教育
・東京女子学園の21世紀型教育(3)カリキュラムイノベーション 

|

« 大学運営から教授会排除を? | トップページ | 八雲学園の感性教育 新しいリベラルアーツ »

21会校」カテゴリの記事