« 2014中学受験【066】 市川、慶応 起業家精神 | トップページ | 2014中学受験【068】 昌平 埼玉で期待! »

2014中学受験【067】 国際学院 ユネスコスクールの可能性

☆今春中学を開設して併設型中高一貫校として出発した国際学院。ユネスコスクールであるというので、少し期待しているが、中学受験市場ではまだブレイクはしていない。

Photo_2

☆ユネスコスクール加盟校は世界には9,566校ある。日本の加盟校数は647校。巨大な理念共同体である。千葉や東京の私立国立では、次のような学校が加盟している。

渋谷谷教育学園幕張、渋谷教育学園渋谷、麗澤、市川、武蔵野女子学院、雙葉、学大国際中等教育学校、昭和女子大学附属昭和、晃華学園、田園調布学園、慶応高校

☆将来的には、このような加盟校の生徒さんたちが、世界ユネスコスクール活動を活発に行っていくだろうから、おもしろいのではないかと思っている。

☆今のところはサイトを見る限りは、その動きが見えないし、大学進学実績を上げることが、埼玉エリアで支持されることであると判断して動いているように見える。

☆ただ、上記の加盟校と違うのは、通信制高校と短大を有しているから、たいへんおもしろいことが起きる可能性に満ちているという点。

☆国際学院の進学実績が上がるとする。そうすると通信制高校に優秀な生徒が集まる。通信制は優秀な生徒にとっては、授業が緩やかだから、高校卒業資格が簡単に取得できる。

☆時間に余裕ができる。その分、短大に通う。短大はジョイント・ディグリーを海外の大学と提携すれば、通信制高校にいながらにして、海外大学むけの勉強もできてしまう。

☆もちろん、今はそういう制度を構築しているわけではない。しかし、ユネスコスクールで通信制を有しているということは、時代の大局を見ているブレインがいるということだ。

☆サーチしてみる価値はあるのではないだろうか。

|

« 2014中学受験【066】 市川、慶応 起業家精神 | トップページ | 2014中学受験【068】 昌平 埼玉で期待! »

中学入試」カテゴリの記事