« 私学研ブログ週間ベスト30(2014.1.1週目) | トップページ | 2014中学受験【084】 桜丘 入試直前対策会 集まる 日日是好日! »

2014中学受験【083】 首都圏年明け初日倍率比較 グローバル人材育成時代象徴

☆昨日年明け首都圏倍率集計の初日。昨年は7日だったので、同日比較はできないが、年明け初日の倍率集計の比較という意味では、比べてもよいかもしれない。

☆首都圏の中学入試の全体の倍率の比較は、88%。まだまだこれからではあるが、厳しい状況である。

☆一方この時期、東京の学校の倍率が昨年比140%であるのは興味深い。これは2月1日からの入試ではなく、帰国生入試だけの集計であるから、グローバル人材育成時代到来を象徴している。

☆しかし、この数字を入れて、全体で88%というのは、かなり厳しい。もちろん、これからも変わるし、東京も2月1日以降の入試の募集の数字が入ってくると厳しい状況が顕れてくるだろう。

☆受験生にとって、第一志望受験における倍率はもはや関係ないが、併願戦略では、倍率はある程度考慮したほうがよいだろう。

☆倍率速報は、首都圏模試センター、日能研、四谷大塚で公開されている。それぞれ表現が違い、目的に応じて使い分けることができる。

|

« 私学研ブログ週間ベスト30(2014.1.1週目) | トップページ | 2014中学受験【084】 桜丘 入試直前対策会 集まる 日日是好日! »

中学入試」カテゴリの記事