« 2014中学受験【083】 首都圏年明け初日倍率比較 グローバル人材育成時代象徴 | トップページ | 2014中学受験【085】 共立女子 明日帰国生入試 応募増える。 »

2014中学受験【084】 桜丘 入試直前対策会 集まる 日日是好日!

☆桜丘は、1月4日から教育活動を始動。5日には、「中学入試直前対策会」を開催。大勢の参加者が集まった模様

Dsc01145

(桜丘の英語の授業は英語で、そしてiPadを使って)

桜丘の授業といえば、教師全員がiPqdを自在にこなして、ハイパーテキストの環境内で、生徒と学ぶイノベーション授業

☆しかし、知識と知識のリンクの背景には、人と人のリンクが大前提。知識が知識になるには、知識が人と人のコミュニケーションの交流財でなければならない。

☆対策会終了後、後片付けの在校生チームワークの様子は心打たれる。入学してからオリエンテーションや国内外の研修を通して、スキルと同時にチームビルディングにも力を入れている。その本領が発揮されているからだ。

☆知識はその交流の中で使われてこそ意味がある。桜丘にとって、イノベーションとは、学校がイノベーティブであるというだけではない。生徒自らがコンパスで未知の世界に地図を描き、新しいアイデアをリアルに転換するジャンプをすることがイノベーションなのである。

☆だから、年初に平校長は、次のように語るのである

「日々是好日」の話しに戻ります。好日は願ってえられるものではなく、待ってかなえられるものではない。自らの生き方に日々に好日を見出しえなければならないのだ。時の時とするときは来ない、只座して待つのでなく主体的に時を作り充実したよき一日一日として生きていくところにこの語の真意があると、皆さんはどのように考えますか? 

☆時を物象化して配列してはダメ!自ら時となって駆け抜けなさいと。激動の時代、ブレない真実のある桜丘のような学校を探したい。偏差値という物象化された軛から解き放たれ、そのような関係性の中に飛び込んでみてはいかがだろうか。

|

« 2014中学受験【083】 首都圏年明け初日倍率比較 グローバル人材育成時代象徴 | トップページ | 2014中学受験【085】 共立女子 明日帰国生入試 応募増える。 »

中学入試」カテゴリの記事