« 2014中学受験【102】 神奈川をけん引する藤嶺藤沢 | トップページ | 私学研ブログ週間ベスト30(2014.1.2週目) »

2014中学受験【103】 首都圏模試センター「21会」に注目する!

☆中学受験の4大模擬試験のうち「学力情報」のみならず、「学校情報」の質が充実しているのが「首都圏模試センター」。

Photo

☆「学校情報」としては、「各学校の情報」と「受験市場全体の動向」、「私立中高協会などの私学自体の動き」の3点セットが充実している。

☆14日の情報でも、<21会「思考力セミナー」第1回が2014年3月21日(金)に開催>という記事で、「21会(21世紀型教育を創る会:会員校15校)」の動きをキャッチして、発信している。

Photo_2

☆同記事では、「思考力セミナー」ばかりでなく、21会サイトの発信内容の中で、私学人による私立学校及び教育の動向を述べているページについても言及している。慧眼の編集者がいるに違いない。

今後の社会と教育の変化(教育のメガトレンド)に備えるためにも、これからの中学受験生は、「新しい学び」と「学校選びの新しいモノサシ」を獲得する必要があるというのが、この『21会』の主張でもあります。

・・・・・・このなかには、まさにいま始まった2014年の首都圏中学入試でも、それに向けた昨年の説明会や体験セミナー等で予想を上回る人気を集めて話題になっている、聖学院中や佼成女子中、工学院大学附属中など、注目の私学が含まれています。むしろ、・・・・・・『21会』のコンセプトを反映した説明会やセミナーが、小学生と保護者に歓迎されていると理解すべきなのかもしれません。

ちなみに、この『21会』のWebサイトには、会員校のひとつ、富士見丘中高の理事長・校長で、同会の会長でもある、吉田晋先生(日本私立中学高等学校連合会会長、現中教審メンバー)の開会宣言文も紹介されています。日本の教育の問題点と、それを乗り越える『21会』の使命について言及されているので、参考にご覧いただきたいと思います。

また、このサイトには、やはり『21会』の会員校のひとつ、八雲学園の理事長・校長でもある近藤彰郎先生(一般財団法人東京私立中学高等学校協会会長)に、今年の私立学校の抱負と展望を聞いたインタビュー記事も掲載されています。 ともに、私学の教育に関心のある方には必見の記事といえるのではないでしょうか。

わが子がこの先、生きていく社会で求められるチカラと、それを育てるための「新しい学び」を親子で体感できる絶好の機会が、この『21会「思考力セミナー」』になるのではないかと思います。

来年の中学入試での学校選びにその視点を生かしていただくことが、きっと「より良い学校選び」につながることと思います。

☆とある。このセミナー自体は、来年度の受験生のためのものであるが、そのコンセプトは、いままさに受験に挑んでいる子どもたちにも大いに関係することである。「首都圏模試センターのサイト」および「21会サイト」は必ずや参考になるはずである。

|

« 2014中学受験【102】 神奈川をけん引する藤嶺藤沢 | トップページ | 私学研ブログ週間ベスト30(2014.1.2週目) »

中学入試」カテゴリの記事