« 2014中学受験【107】 栄光・浅野 出願締切る | トップページ | 私学研ブログ週間ベスト50(2014.1.3週目) »

2014中学受験【108】 渋谷幕張vs昭和秀英

☆20日から、千葉エリアの入試がスタート、20日市川、21日東邦大東邦、22日渋谷幕張、昭和秀英の出願は締切られている。

☆前年対比は、

20日市川 107.9%

21日東邦大東邦 98.7%

22日渋谷幕張 98.5%

同日昭和秀英 109.4%

☆これは選択者側の嗜好性がきちんと反映している可能性がある結果。中学受験市場のマーケットが縮小していても、千葉エリアの場合は、この4校には、生徒が集まる。

☆その中で市川は、グローバルビジネス的な発想があり、時流に注目される潜在的可能性が高い。

☆東邦大東邦は、伝統的な理系重視の学校。

☆渋谷幕張は、20日の帰国入試の前年対比が150.7%であることからもわかるように、伝統的進学指導とグローバル進路指導の統合を果たしている最先鋭の学校。エリート学校である。

☆昭和秀英は、グローバルだとか、創造性だとか歯が浮くような教育目標より、まずは強く優しい自己形成であるという信念のもと、現実的な教育で実績をあげている。

☆帰国生入試とか海外留学といえば、女子が目立つが、それは女子全体の傾向ではない。まだピーキーな分布を描く。

☆だから伝統や現実的な教育をしっかり行っている学校は女子の出願が多くなるのではないだろうか。

☆それがいいかわるいかはわからない。時代を読むべきか、いまここでの幸せを求めるべきか、両方を統合すべきか。

☆千葉エリアには、まだ両方を統合するところはない。それゆえ、選択志向のカテゴライズがわかりやすい。

☆埼玉や、神奈川のエリアは、千葉エリアに比べると、伝統的かいまここでに偏差してしまうから、マーケットの勢いが停滞するのかもしれない。

☆茨城は、土浦日本大学中等教育学校のように統合している学校もあり、マーケットは今後も楽しみ。

☆東京は、言うまでもなく、3者がいるし、都立中高一貫校もあるから、まだマーケットは冷めていないと思うが、千葉の入試が始まる日、東京では出願が始まる。中学受験マーケットの全貌が明らかになる日でもある。

|

« 2014中学受験【107】 栄光・浅野 出願締切る | トップページ | 私学研ブログ週間ベスト50(2014.1.3週目) »

中学入試」カテゴリの記事