« 2014中学受験【140】 共学化の安田学園の人気。 | トップページ | 2014中学受験【142】 私学富裕層は減少したのか? »

2014中学受験【141】 文化学園大学杉並 質の高い学びの経験ができる

☆文化学園大学杉並は、画期的な学びの環境をつくる。生徒にとって、学校は、教科に限らずあらゆる場面で学びの体験の居場所でなければならない。

☆このことに気づいている学校は意外や少ない。

Photo_3

☆良い教材、良い学習ツール、良い教師が揃っていても、実は教育の質はよいとはいえない。大事なことは、生徒自身の学びの経験の質が高いことなのである。

☆豊かな経験を生徒自らが出来なければ、質は高いとは言えない。高級なホテルに泊まって、おいしいディナーを食べて、そこに対話ができる相手がいれば最高の価値が生まれるというものだ。

☆文化学園大学杉並は、そのような生徒主導型の経験を通して学ぶ環境をつくる。それがグローバルコースだ。もちろん、このコースを準備するに当たって、一般のクラスも底上げされる。

☆出願の前年対比は、試験によっては、まだまだこれからだが、倍率はいずれも好調。子どもの学びに高感度な感性を持った保護者や人間関係の豊かさに興味と関心のある受験生が集まっている。

☆そして、その高感度な感性こそが、これからの学びには最も重要であることに気づいている教育機関がある。それがスタンフォード大学、ハーバード大学、MITメディアラボであり、セントマをはじめとするアートスクールである。

☆実は、セントマをはじめとする世界のファッションスクールランキングで、文化学園大学は、7位である。意外と知られていない。

☆世界に通用しない偏差値を見て、学校を選ぶのか、世界ランキングを見て学校を選ぶのか。文化学園大学杉並を選んだ受験生は、幸せであるが、その意味を実感するには、体験する以外にない。決断のときである。

文化学園大学杉並が日本の教育を変える(1) 
文化学園大学杉並が日本の教育を変える(2)
文化学園大学杉並が日本の教育を変える(3)

|

« 2014中学受験【140】 共学化の安田学園の人気。 | トップページ | 2014中学受験【142】 私学富裕層は減少したのか? »

中学入試」カテゴリの記事