« 2014中学受験【156】 開成・駒東の図形問題 モノサシ意識と想像力 | トップページ | 2014中学受験【158】 今後中学受験市場の再編は必然! »

2014中学受験【157】 順天 受験業界の玄人が進める本物教育校

☆2月2日、東京・神奈川エリア2日目の中学入試。受験生の状況は、それぞれ違う。昨日すでに合格し、併願校を直前に変えて、チャンレンジする受験生。今日もう一度チャンレンジするために、緊張している生徒。

Dsc09362 Dsc09387

☆しかし、受験ばかりは、他者が代わりに受けてくれることはない。だから、焦らず腹に力を入れて踏ん張ってほしい。

Photo_5 

☆受験でモチベーションを上げることができるのは、自分が選択した学校が、大衆化したミーハーな評判に揺れ動かない、しっかりした本物教育をやっている学校であるときが最も強い。

☆その1つが順天である。前年対比は、回によって上回ったりそうでなかったりだが、実質倍率は2.5倍以上のしっかりとした募集戦略を行っている。

☆見た目の数字ではなく、実質的なところで勝負をするのは、順天の堅実なところだし、本物教育を実践している自信と余裕があるからである。

☆世の中は、グローバルリーダーを育成しなくては!リケジョを輩出しなくては!と喧しいが、そんなことははるか昔から実践している。ボランティアも国際機関とコラボしているし、イギリスのギャァプイヤーを活用するイギリス人の受け入れもしている。

☆サイエンスコースやイングリッシュコースは、IBスクールやインターナショナルスクールも怖くない。

☆しかも、精神の基盤は、グループコミュニケーションというプログラムでグローバルに養われ続けている。

☆3回目は、まだ前年対比を上回っていないが、2月4日までには、まだ2000人が動く。おそらくさらに増えるだろう。

☆激動の時代。本物にかなうものはない。ぜひチャンレンジを決意してみてはいかがだろう。

|

« 2014中学受験【156】 開成・駒東の図形問題 モノサシ意識と想像力 | トップページ | 2014中学受験【158】 今後中学受験市場の再編は必然! »

中学入試」カテゴリの記事