« 2015中学受験生のために【021】 中学受験の思考力は大学入試に通じる③ | トップページ | 2015中学受験生のために【023】  21会(21世紀型教育を創る会)新年度に向け本格始動 »

2015中学受験生のために【022】  大学改革シンポ グローバル人材育成に向けて

☆日本経済新聞2014/2/27 21:57 によると、

大学生や若手ビジネスパーソンの視点に立ち、国際社会で活躍できる人材になるための具体策を議論する大学改革シンポジウム「グローバル人材になるには」(日本経済新聞社主催)が27日、東京・千代田のイイノホールで開かれ、学生や大学・企業関係者ら約500人が参加した。

☆新浪剛史・ローソン最高経営責任者(CEO)は基調講演。ジャーナリストで東京工業大教授の池上彰氏をモデレーター兼パネリストにパネルディスカッション。黒田玲子東京理科大教授と柳川範之東京大教授がパネリスト。

☆という顔ぶれのようだった。コミュニケーションのツールとしての英語の話だとか、グローバル人材に求められる資質や大学教育のあり方、異文化に触れることの重要性などが語られたのだろう。

☆しかし、本当はこのグローバル時代にあって、経済システムの変更こそが喫緊の課題。富が特定のクラスに吹き溜まない循環型資本主義経済になるのはいかにしたら可能か、新しい市場経済システムのデザインの話こそが根本。

☆ここを語れないのは、従来型の経済システムに乗っかって評論しているからである。

☆新たな突破口は、演者の話を聞く側が、自分たちで考案するしかない。そこを支援するには、アイデアを生み出す教育のルネサンスあるいはレボリューションしかない。

|

« 2015中学受験生のために【021】 中学受験の思考力は大学入試に通じる③ | トップページ | 2015中学受験生のために【023】  21会(21世紀型教育を創る会)新年度に向け本格始動 »

21世紀型教育」カテゴリの記事