« 富士見丘 学びのワンダーランド(1) | トップページ | 富士見丘 学びのワンダーランド(3) »

富士見丘 学びのワンダーランド(2)

☆1時間目から化学の実験。ななんと割烹着で実験ではないか。STAP細胞を発見した小保方晴子さんの実験姿が割烹着姿で脚光を浴びていたが、富士見丘では、ずいぶん前から当たり前だった。

Dsc00471

☆それにしてもこの活気は何だろう。リケジョという言葉があるが、まさにと思っていると、長島先生いわく、高校は92科目の選択システムになっていて、マイシラバスを生徒が自分でつくるから、モチベーションの塊になっているのですよと。

☆しかも戸田先生によると、さらに三種類の実験の中から各チームが選択するから、なおさら「好奇心」に適合するのですと。

Dsc00690

☆班やグループではなく「チーム」と呼ぶのはなぜか。戸田先生は、大学の研究室で、班やグループとは言いませんし、たとえば、iPS細胞の実験も何十ものチームに分かれて行います。

☆同じ実験もチームによって創意工夫が違うので、その違いが開発や発見には大切です。試行錯誤は、自分ひとりよりも多くのチームで行った方がよいわけです。

☆ですから、生徒たちも、実験のあとは、プレゼンをします。3種類の実験ですが、それぞれ複数チームで行っています。そのためプレゼンによって試行錯誤のプロセスが違いますから、つまり失敗の仕方が違いますから、それが科学的な思考のトレーニングになるのですねと。

Dsc00643

☆実験の前に基礎知識の講義はなされており、生徒たちのイメージの仮説が設定されている。それを実験という体験を通して、リサーチ・議論・協調のプロセスを通して検証し、プレゼンする。

☆これって、スーパーグローバルハイスクールの申請要項にある「プロジェクト学習(PBL)」そのものではないか。しかもこのPBLによって、学ぶ意欲や意志がオープンマインドになっている。

☆そして、教師はファシリテータの役割を果たしていた。総合学習でも特別活動でもなく、授業そのものがプロジェクト型なのである。

☆リケジョはこの環境から出てくるというイメージが溢れ出た。

|

« 富士見丘 学びのワンダーランド(1) | トップページ | 富士見丘 学びのワンダーランド(3) »

21会校」カテゴリの記事