« 2014中学受験 緊急座談会!① 第Ⅰ部 | トップページ | 2014中学受験 緊急座談会!③ 第Ⅱ部 »

2014中学受験 緊急座談会!② 第Ⅰ部

北氏)21会の定例会に、私も参加させていただき、気づいたことがあります。かえつさんももちろんそうですが、みなさんが行っている「思考力テスト」あるいは「思考力型テスト」は、従来の教科の入試問題では測れない才能、といっても一芸に秀でているというような力ではなくて、もっと学力に近いものだと思いますが、思考力・応用力・表現力を前面にだしているというと、今までと何が違うのかといわれるかもしれませんが、ともかく質感が違う力で、明らかに今後社会に必要とされる力を先取りしていますよね。

Dsc03706

本間)鈴木さんは、JOBAで帰国生の大学入試のコースをプロデュースしていますよね。東大とか一橋、早慶上智に合格している帰国生が多いですが、今の北さんが感じている学力の質感という意味で、何か思うことはありますか。

鈴木氏)ありますね。端的にセンター試験から東大を受験していたら合格できない帰国生もいますからね。彼らはセンター試験のような問題を理解することは当然できますが、90%近く得点できるトレーニングは受けてきていませんから、前期日程に進む点数がとれないでしょう。

本間)結局、そのトレーニングがなくても、理解力があれば、それでよいわけですね。

Dsc03852

鈴木氏)そうなんですが、問題は、国内生は、その理解力と得点力で合格できるけれど、帰国生はそのような得点力はなくても理解力がありますが、それだけではダメなんですね。やはりさらに思考力、応用力、表現力がないと合格しないのです。ここでいう応用力は、日本の教育だと、たとえば、同じ単元の中で難しい問題というイメージだと思うのですが、海外では違います。つまり帰国生にとっては違います。

本間)そうかあ。鈴木さんは、IB(国際バカロレア)ジャパニーズやマスのサポートもIBのDP生徒にしているわけですから、その差異を実感できているわけですね。

鈴木氏)どこまで正確に理解しているかどうかわかりませんが、私の経験では、かなりその差異は大きくて重要ですね。応用というのは「適用」と訳したほうがよいかもしれません。どういうことかというと、理解したことを一般化するなりモデル化するなりして、他の領域に適用するというのが「応用」だからです。帰国生の場合、どこでもほぼ論文試験があるわけですが、自分の体験に適用しながら書いていかなければ、選抜でアドバンテージを確保できないわけですよ。

石川先生)そうなんですよね。それは中学のサイエンス科のプログラムを高校生になったときにIBのTOK型の英語の授業にいかに接続させるかを試行錯誤していく中で見えてきました。

その気づきがカリキュラムや授業の中にあることが、中学入試の帰国生のみなさんに受け入れられたと実感しています。

ですから、帰国生の対策講座や思考力テストの対策講座を、説明会の度に行っていますが、帰国生の中にも思考力テストの対策講座を受けにくる生徒もいます。午前中は一般入試の説明会、午後は帰国生入試の説明会と分けているので、時間があえば受けられるのです。

英語と日本語の違いはありますが、IBで扱うような「思考」の学びが埋め込まれていますからね。

本間)たしかに、帰国生の出願数は、かえつ有明は、首都圏では一番多いですよね。それは、豊洲という地政学的な条件もそろっていたからということはないのですか。

Dsc03723

石川先生)もちろん、それもあるでしょうね。数年前までは、東急線や田園都市線沿線が、私立学校受験生が多いと言われてきましたが、今では、東京オリンピックのこともあり、豊洲には大手塾もすべてたち並んでいますから。それに渋谷教育学園幕張、渋谷教育渋谷、広尾といった英語教育で、つまり帰国生が注目している生徒が集積している地域で、扇の要に豊洲が位置しています。

鈴木氏)しかし、大事なのは、帰国生は、海外での知的な経験を持続可能にしてくれる学びの環境や教師との創造的なコミュニケーションができる条件がそろっていないと出願しませんからね。

石川先生)そうでうね。やはり豊洲の周りにある、インターナショナルスクールや帰国生向けの学習塾の生徒さんたちが見に来て、判断しますからね。そのときにレクチャー型の授業しかないと、まず受験しません。やはり、サイエンス科や高校の英語でやっているような、ディスカッションやプレゼンテーションを埋め込んだ今注目を浴びているプロジェクト型学習やこの部屋KALCがまさにそうですが、アクティブラーニング系の授業ができる環境を着々と準備しておいてよかったと思っています。

宴もたけなわなところで申し訳ございませんが、これから広報チームとの会議がありまして・・・。もしよかったら、この座談会終了後、参入してください。盛り上がりましょう。

本間)そんなお忙しい中、本当にありがとうございました。しばらく、このKALCをお借りし、終了後そちらにお邪魔します。

21会 第1回思考力セミナー」で、さぁ、君も学びの達人

|

« 2014中学受験 緊急座談会!① 第Ⅰ部 | トップページ | 2014中学受験 緊急座談会!③ 第Ⅱ部 »

中学入試」カテゴリの記事