« 東大合格発表の季節【08】 本郷はどこまでいくのか | トップページ | 2015中学受験生のために【040】 偏差値を乗り越える思考力の2つの意味 »

2015中学受験生のために【039】 八雲学園 教育の総合力で大学合格実績飛躍

☆2008年以来、八雲学園は進学指導に本格的に熱を入れた。しかし、それは受験勉強ではなく、教育の総合力の結果、成果を出すのであるという誠の道の決意表明だった。

九州大学 1
首都大東京 2
東京外国語大学 1
横浜市立大学 1
慶応 5
早稲田 7
上智大 1
東京理科大 5

(2014年3月19日現在)

☆3月19日、5日前に卒業式で巣立っていいたOGが私服姿で、在校生に「大学合格体験談」をシェアをしに講演に訪れた。

☆今年のOGは、2008年の時に比較すれば、GMARCH以上が32名から90名へと3倍弱の飛躍。

Dsc06082

☆その秘密を在校生に明かした。スケジュール管理の方法。特に重要なのは、予定通りいかないことのほうが多いから、いかにそれを軌道修正できるようにするか。在校生もそこが聞きたかったとばかり大きくうなずいていた。

Dsc06167

☆個別の質問会も大盛り上がり。この教科が嫌いなんですと質問すると、嫌いなものは嫌いでよいじゃないと、思わず何を悩んでいたんだろうとハッとさせられるようなショック療法の場面もあった。

Dsc06188

☆驚きの手作りノートは、黒山の人だかり。写真を撮るのに一苦労だった。

Dsc06212

☆OGの中には、レジュメなるものを作成して配布する先輩もいた。すでに大学のゼミスタイル。オープンキャンパスにリサーチしに行ったときに身につけたのだろう。

Dsc06371

☆卒業式5日後に、大学合格体験の成功物語・試行錯誤の物語をシェアできる発想が教育の総合力で日本一の八雲学園なのであるが、さらにその後に、OGによる八雲学園の教育ディスカッションを先生方は開催。在校生ばかりでなく、教師とOGもシェアする機会を設けるところはさすがである。

☆この模様は、21会サイトで掲載されている。ご覧いただきたい。

参照) 八雲学園 はやくも卒業生受験体験シェア

|

« 東大合格発表の季節【08】 本郷はどこまでいくのか | トップページ | 2015中学受験生のために【040】 偏差値を乗り越える思考力の2つの意味 »

21世紀型教育」カテゴリの記事