« 2015中学受験生のために【047】 聖ドミニコ学園 知られざる真正グローバル教育(2) | トップページ | 東大合格発表の季節【10】 女子校の価値は東大合格実績ではない  »

2015中学受験生のために【048】 工学院 飛躍の新年度へ

☆先月8日(土)、工学院は入試報告会を開催。新6年生を中心に平方校長から「2015年4月からの新コースのコンセプトの説明」があった。そして新年度は、その準備に本格的にはいるという。

KogakuinImg093_2

☆工学院で学ぶ生徒は、校訓である「挑戦・創造・貢献」という精神を身につけて巣立つのであるが、その精神は国内で通用する器ではなく、21世紀型教育という≪GIL≫の舞台で発揮されなければ意味がないというビジョンを新たに展開する。

☆そのためには、5つのサバイバルスキルをトレーニングする。

①問題解決能力

②チームワーク力

③批判的思考力

④コミュニケーション能力

⑤情報リテラシー

☆このサバイバルスキルは、多様な学びの機会でトレーニングされる。

・研修・留学制度

・英語力の強化と運用力

・相互方向型授業展開

・大学との連携

・補習・補講

・ICTの活用

☆そして、すでに新年度の中1から、英検4級以上を有している生徒も塊で入学してくるので、それぞれの学びのスタート地点に適合するクラス分けをする。今年はまだ準備段階で試行錯誤を教師と生徒で協力していく段階であるが、2015年からは、

・ハイブリッドインタークラス

・スーパー特進クラス

・スーパー特進。理数クラス

☆を設定する。「英語」と「サイエンス」に力点を置いた21世紀型教育の準備が着々となされている。

☆この準備は必ず成功すると確信が持てるのは、平方校長が昨年就任してすぐに留学制度が発進し、8名がオーストラリアに3か月留学に行ったが、そこでの成長ぶりが、克明に工学院高校のサイトで公開されているからである

☆この教師陣の俊敏力は、リソースがすでにあったということと、そのリソースを活かすプロデュース力、コーディネート力、メンター力があるから発揮されたのである。

|

« 2015中学受験生のために【047】 聖ドミニコ学園 知られざる真正グローバル教育(2) | トップページ | 東大合格発表の季節【10】 女子校の価値は東大合格実績ではない  »

21世紀型教育」カテゴリの記事