« 2015中学受験生のために【050】 横三フェスタ 5月16日開催 | トップページ | 2015中学受験生のために【052】 渋谷教育学園グループのパラドクス »

2015中学受験生のために【051】 海陽のシステム文化がグローバルリーダー を輩出する

☆スーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイト校リストに海陽学園の名前が載っている。てっきりSGH指定校になるかと予想していたが、予算はでないけれど、情報だけオープンにしてねという文科省の野心がはっきり。

国公立35名(うち東大9名、京大3名)

早稲田33

慶應25

上智3

東京理科大9

明治21

青山2

立教7

中央27

法政5

海陽サイトから(2014年3月26日現在)

☆上記合格実績の合計だけで167名。卒業生94名であるから、その割合は178%。

☆海陽3期生は、1期生や2期生に比べ、いわゆる偏差値ではそう高くない生徒が入学したはず。偏差値がいかに役に立たないか格好の例である。

☆というよりも、伸ばす学びの環境(システム文化)があったのだろう。何せ海陽は昼間の学校と夜の学校(寮生活)の他校にはないシステム文化がある。

☆昼間の学校は、中心となる教師陣が開成ミームだから、偏差値の高い生徒を伸ばすシステムを持っている。しかし、開成とは違い偏差値の幅は広い。

☆その入学時の偏差値の高くない生徒のモチベーションをあげ、学力を伸ばすシステム文化は、ハウス制度という寮の役割。本来開成ミームは高橋是清である。SGHでグローバル人材をといったとき、その最大最高のモデルは是清である。

☆歴史的にも日本の経済のリーダーでもあるから、海陽のように実質トヨタやJR東海の企業がオーナーの学校にはぴったりマッチする。

☆そんな破格の学校がSGHを申請した。財務官僚も文科省も驚いただろう。海陽のは破格すぎてモデルにならない。でも今回のような成果を上げるシステム文化の情報はキャッチしておきたい。そこでSGHアソシエイト!ということなのだろう。

☆海陽としては、話題になればそれでよいわけであって、予算の1600万なんて、そもそも眼中にない。

☆さて、ハウスという寮制度が、成果を上げることができた証は、上記の大学合格実績では、ルビンの壺で言えば、図ではなく地になって表面化しない。エニグマのままである。

☆しかし、実は、米国のベスト10にはいるリベラルアーツカレッジ、Middlebury Collegeや25位くらいのあのMacalester College、110位くらいのLake Forest Collegeに入学できたのは、寮システムのおかげである。リベラルアーツカレッジは550くらい全米にあるから、本当にすごい。

☆もちろん、コーネル大学もアイビーリーグの超難関大学。これらは、東大・京大にはいる10倍くらいの知の総合力がいる。

☆だから、昼間の偏差値をあげる日本の大学進学の学力をつける教育だけでは、難しい。

☆高橋是清もそうだったが、リーダーシップが養われるには、共同生活以外にないだろう。

☆しかもリベラルアーツ大学やコーネルのようなアイビーリーグ系の大学におけるリーダーシップは、チームワークを形成する高い知的なリーダーシップが要求され、軍隊的なピラミッド秩序を維持する権力ゲームは批判される。

☆したがって、今回の海外大学合格が示唆するものは、ハウスというシステム文化が、米国の名門リベラルアーツ大学やアイビーリーグレベルの大学のリーダーシップの型とシンクロしているということそれである。

☆東京のデイスクールは、このシステム文化を昼間の学校に埋め込む必要があるが、いかにしてそれは可能なのか?

☆海陽の説明会に行ったら、昼間の学校の話よりも寮生活のシステム文化について大いに質問してくるべきだろう。その問いの視点が、真正の選びの鑑識眼を磨くトレーニングになるだろう。

|

« 2015中学受験生のために【050】 横三フェスタ 5月16日開催 | トップページ | 2015中学受験生のために【052】 渋谷教育学園グループのパラドクス »

21世紀型教育」カテゴリの記事