« ヨハネ・パウロ2世 列聖 快速! | トップページ | 2015中学受験生のために【066】 かえつ有明 今年も新機軸 »

2015中学受験生のために【065】 中央大学附属横浜もグローバル教育に参加か?

☆神奈川エリアの学校で、グローバル教育を本格的に実践している学校と言えば、公文国際、藤嶺藤沢、洗足、逗子開成、山手学院。

☆海外での語学研修程度であれば、さすがに行っているだろうが、それもやらずに、大学進学重視で動いてきた中央大学附属横浜も3泊4日ではあるが、ニュージーランドの高校を受け入れ、国際交流を実践したようだ。

☆同校サイトによると、最終日はニュージーランドの学生は、中学2年生の鎌倉での班別自主行動研修に参加し、円覚寺~鶴岡八幡宮、鎌倉大仏~長谷寺方面を見学。レストランで同校中学2年生と昼食をとって対話も大いに楽しんだようだ。

☆このような国際交流は同校では衝撃的だったようだ。知人によると、ウェルカムパーティーで、教頭が英語でコミュニケートし、在学生には英語を大いに話すようにとエールをおくったほどだったということだ。

☆このプログラム自体は、多くの私立学校では行っていることだろう。しかし、もともとIBを導入していた計画を反故にしてまで、大学進学重視のベクトルを前面に出していた同校が、清水の舞台から飛び降りたわけだから、時代はグローバル教育であることを避けて通ることはできないということだろう。

|

« ヨハネ・パウロ2世 列聖 快速! | トップページ | 2015中学受験生のために【066】 かえつ有明 今年も新機軸 »

21世紀型教育」カテゴリの記事