« 2015中学受験生のために【104】 八雲学園 21世紀型教育へ大きく飛翔(2) | トップページ | 6月13日金曜日 海城で 中田教頭と首都圏模試の時代を動かす対談 »

2015中学受験生のために【105】 八雲学園 21世紀型教育へ大きく飛翔(3)

☆かくして、八雲学園は、18年間のケイトスクールとの交流を通して、今やっと文科省も教育を変えるために着手し始めたグローバル教育なるものを先取りしてしまったことになる。しかし、このことを実感をもって、教師も生徒も保護者も感じ取るには、2つの大きな未知との遭遇が必要だった。

Dsc08308

☆一つはエール大学の女性コーラスチームとの出会い。2日間にわたるアート国際国流は、八雲の生徒にとっては衝撃だった。エール大学の学生も、自分たちと響きあう世界がここにあると語った。

Dsc07414Dsc07448
☆そして、もう一つ決定的だった出会いは、ダライラマ法王である。

Dsc00621
近藤校長をはじめ、八雲の先生方は、築き上げてきた教育が、エール大学そしてダライラマ法王の精神や世界観と共鳴するのを感じ、さらに八雲学園の教育の質を豊かに世界に広げなければならないと決意をした

☆その意志は、すぐにも実践へ動き始めた。感性教育の完成へ向けて車輪は大きく動き、新たな留学システムの構築・実践もすぐに始まった。八雲学園の本物体験は確実に世界バージョンに進化しているのである。

|

« 2015中学受験生のために【104】 八雲学園 21世紀型教育へ大きく飛翔(2) | トップページ | 6月13日金曜日 海城で 中田教頭と首都圏模試の時代を動かす対談 »

21世紀型教育」カテゴリの記事