« 三田国際学園の野望!ホンマのひとりごと。 | トップページ | ICTと英語の環境満ちる 大事なことは? »

日本高校生4人銀、1人銅 国際物理オリンピックで

☆時事通信 7月20日(日)22時16分配信 によると、

文部科学省は20日、カザフスタンで開かれた国際物理オリンピックに参加した日本の高校3年生4人が銀メダル、高校2年生1人が銅メダルを獲得したと発表した。
 文科省によると、銀メダルを獲得したのは大阪星光学院高校の親川晃一さん(18)と開成高校の杉浦康仁さん(17)、岐阜県立岐阜北高校の林達也さん(17)、宮崎県立宮崎西高校の丸山義輝さん(17)。銅メダルは灘高校の濱田一樹さん(16)。

☆このような学問に没頭する生徒をたくさん輩出するには、大学入試改革が急務。

☆ぼやぼやしていると、彼らは海外の大学に進学してしまうかもしれない。もっとも、それでよいわけだ。

☆どんどん若きサイエンティストが輩出されれば、国内に残る生徒も増える。

☆それに工学系の大学が協力して、グローバルサイエンスオリンピックを行えば、海外から日本にやってくる生徒も増えるのだが。

|

« 三田国際学園の野望!ホンマのひとりごと。 | トップページ | ICTと英語の環境満ちる 大事なことは? »

21世紀型教育」カテゴリの記事