« 受験生のみなさん 自分を変える学校組織を探す季節です(2) | トップページ | 受験生のみなさん 自分を変える学校組織を探す季節です(4) »

受験生のみなさん 自分を変える学校組織を探す季節です(3)

☆前回こう書いた。

「大迷走」している学校は、協力・信頼・コミュニケーションがないくなっている。互いに猜疑心が旺盛になり、ネガティブな雰囲気が蔓延し、鬱屈した雰囲気になる。そんなところが、受験生のみなさんにとって、ありのままの自分を見出し、未来へはばたく跳躍台になるはずがないことは、火を見るよりも明らかである。

☆ということは、「大迷走」していない学校とは、どういう学校か。すぐに想像できるだろう。協力・信頼・コミュニケーションが充満していて、創造的な雰囲気であふれている学校だ。受験生のみなさんが、ありのままの自分を見出せる多様な体験ができるプログラムに満ち、そこで気づいた問題について掘り下げていくことができる授業が実践されている。そんなカリキュラムイノベーションが日々行われている学校である。

☆学校で身につけたスキルや自分らしいマインドは、今度はグローバルな世界で、協力・信頼・コミュニケーションに充満する関係をつくることができ、互いに創造的な活動に自信をもって取り組めるようになるだろう。

☆さて、そんな創造的活動に自信をもてる学校を見つける前に、「大迷走」しているあるいはその可能性のある学校を選択しないようなレンズを身につける必要があるだろう。

☆中土井さんは、「組織迷走度診断」テストをつくっている。次の30個の質問に対し、あてはまるものに丸をつけてほしいというものだ。

1 他責的な発言をする人が多い

2 閉塞感・疲労感が漂っている

3 人材不足が嘆かれている

4 ビジョン・方向性が見えないという声が多く聴かれる

5 組織としての一体感がない

6 職場の雰囲気が悪い

7 組織体制がコロコロ変わる

8 会議の数が増えてきている

9 挨拶がない/減ってきている

10 経営への不信感が増している

11 特定の人材への業務の集中度合いが高まっている

12 管理職のマネジメント能力不足が問題になっている

13 部門間の対立が激しくなっている

14 部門間の連携がなされていない

15 会社全体で時代の波に乗り遅れている感がある

16 社内評論家が多い

17 会社全体的に後手に回っている感がある

18 上層部の意見がすりあっていない

19 管理職に魅力を感じていない社員が多い

20 コミュニケーションが不足を感じる人が多い

21 一部の人による言動の悪影響が広がっている

22 優秀な人材から辞めはじめている

23 内向き議論が多い

24 パワハラを訴える社員がいる

25 話し合いが表面的な議論に終始している

26 同じ人物が同じ主張を繰り返している

27 理念・ビジョン・行動規範が存在していない/単なるお飾りになっている

28 マネジャーがパンク状態になっている

29 メンタルヘルスの問題を抱える社員が増えている

30 与えられた仕事をこなすだけの人が多い

☆この質問は、会社組織に属する社員が、自分の組織の大迷走度を測るためのものだから、学校説明会に行って、外から観察して、すべてを測ることはできないだろうが、もし9個以上〇がついたら、「アレッ」と思ってよいシグナルが発せられていると考えてよいだろう。

|

« 受験生のみなさん 自分を変える学校組織を探す季節です(2) | トップページ | 受験生のみなさん 自分を変える学校組織を探す季節です(4) »

中学入試」カテゴリの記事