« 「東京都私立学校展」開催中!(6) | トップページ | 「東京都私立学校展」開催中!(8) »

「東京都私立学校展」開催中!(7)

☆今回の「私学展」は中学入試だけではなく高校入試も対象になっている。それゆえ、中学入試だけの共立女子や海城、麻布、桜蔭、JG、雙葉などは、あふれるほど受験生が参加しているという状況ではなかったが、それだけに受験生は先生方とじっくり対話ができた。

Dsc03162

☆共立女子のブースでは、待っている受験生が文庫本に集中していた。すでに学びのフロー状態(没頭状態)が習慣化しているではないか。麻布の説明会に訪れたときも、文庫本を読みながら参加している受験生を見かけたが、読書と表現を重視している共立女子の質と共鳴するから受験するという主体的な受験生はたしかにいるのだと妙に感心した。

Dsc03193
☆梅沢校長自ら熱く説明しているのは中村。iPadとフルートは、たしかに中村の教育の魅力を象徴しているなあと思いながら、ある意味持続的なイノベーションが定着した学校でもったいないと思った。

☆というのも、新館LADYは、破壊的創造イノベーションの拠点になるはずだからだ。優れた質を持った教師がたくさいるから、21世紀型教育のパースペクティブを学べば、さらに鬼に金棒なのに。

☆もちろん、破壊的創造イノベーションは、ICT活用なんて程度のものではない。それができる学びのスペースは、新館LADYを置いて他にない。代々木ゼミナールもああなったのだから、勘の良い同校の教師がいずれ気づくだろう。

|

« 「東京都私立学校展」開催中!(6) | トップページ | 「東京都私立学校展」開催中!(8) »

21世紀型教育」カテゴリの記事