« キャリア教育の問題を乗り越えられるかがカギ | トップページ | 開成柳沢校長 パラダイムシフトできるか? »

聖パウロ学園 学校で宿泊合宿ができる学校

☆高尾山に連なるパウロの森。東京ドーム5個分の広さがキャンパスの聖パウロ学園。もともと全寮制の学校だったから、そのリソースを活かして、今も宿泊合宿を行っている。

Dsc02160

☆高1の定期テストの直前にも、学び方を身につける目的で宿泊合宿をしようということになり、そのまま合宿に突入した。シャワーもクーラーもあるし、もともとランチは食堂があるから、3食作ってもらえる。

Dsc02163
☆6泊7日の夏期合宿も同じシステムを利用できる。先生方も寮に宿泊するから、24時間体制で受験勉強の習慣を身につけることができる。もちろん、先生がつきっきりになるが、教え込むのではない。あくまでもアドバイザー。

☆最終的には自学自習ができるような態勢づくりが主眼。しかし、学びの形だけではなく、学ぶ過程の細部までアドバイスをもらえるため、自分の強み弱み、克服するための壁や殻がわかってくる。

☆そこまで己を理解できれば、あとは問題解決は可能だと生徒自身が見通しを立てられる。学びの自信を見出す瞬間だ。

☆夏期合宿の取材を1泊2日で行った。以下のサイトを参照されたし。

聖パウロ学園 ポストボーディングスクール(1) 
聖パウロ学園 ポストボーディングスクール(2)  
聖パウロ学園 ポストボーディングスクール(3) 
聖パウロ学園 ポストボーディングスクール(了) 

|

« キャリア教育の問題を乗り越えられるかがカギ | トップページ | 開成柳沢校長 パラダイムシフトできるか? »

21世紀型教育」カテゴリの記事