« 横浜英和女学院が青山学院大学の系属校そして18年共学化へ | トップページ | 八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(2) »

八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(1)

☆本日、八雲学園は今年第1回目の学校説明会を開催。昨年は台風に見舞われたが、今年は爽やかな青空に包まれた。ウェルカムの精神全開で、受験生と保護者をもてなすシーンから始まった。

Dsc08377

☆この在校生と教師の協働もてなしプロジェクトはたしかに心温まる光景であるが、ウェルカムの精神とは、気配り・目配り・親切な声かけのみを指すのではない。

☆もてなされたとき、もてなされた方は、何かを共感し、何か他と違うなという気づきが生まれる瞬間こそがグローバルなおもてなしの精神なのである。

☆緊張感が和らいだとか、優しさに心が和んだとか、つまり八雲学園に足を踏み入れた瞬間から、自分の魂が動かされる何かを感じるという雰囲気があるのだ。

Dsc08361
☆この魂が動かされる波動は、どこからやってくるのか?もちろん、目配り・気配り・親切な声かけであるが、それは、生徒と教師が協力し合っているからこそ生まれるチームワークの爽やかさである。

☆バラバラにおもてなしがされるのではない。生徒や教師のおもてなしの息遣いが1つになっているから、どの局面でもおもてなしを感じるのである。

Dsc08402
☆そのためには、離れていても、どこにいても、生徒や教師は、互いの動きを知っていなければならない。

☆全員が無線で、連絡しあい、もれなくすべての受験生と保護者にウェルカムの精神を共感してもらう柔軟な動きをしている。全員で木も見て森も見る眼差しが、受験生と保護者のいまと未来を見守る複眼的な眼差しとなる。

☆塾説でも、同じだ。だから塾関係者は、英語教育=本物のグローバル教育を行っている学校ナンバー1だと評価する(今週号サンデー毎日)。

Dsc08415
☆茶道では、亭主が客人をもてなす。だから、近藤校長ももてなしの場で生徒といっしょにウェルカムの精神を発揮する。

☆いまあなたを大切に迎えますよ、そしてあなたの未来をここからいっしょに作っていきましょうね。グローバル教育とは、1人ひとりの今と1人ひとりの未来という多様性を大切に見守る精神。訪れた受験生や保護者が、感じる温かさとは、それである。

|

« 横浜英和女学院が青山学院大学の系属校そして18年共学化へ | トップページ | 八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(2) »

中学入試」カテゴリの記事