« 八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(2) | トップページ | 八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(4) »

八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(3)

☆八雲学園の教育のプロセスを丁寧にかつ多角的にプレゼンする説明の局面はまだまだ続く。

Dsc08570
(イングリッシュパフォーマンス終了後、子どもたちは英語の授業を体験)

☆受験生のみならず、4年生や5年生も、イングリッシュパフォーマンス終了後教室に移動して、英語の体験授業を受ける。今では、どこの私立中学も、高校や大学も「体験」を重視しているが、八雲学園はこの教育プロセスの体験は、20年も前から行っている。

Dsc08576
☆この体験は、英語の授業体験だけではなく、八雲学園が大切にしているチームワーク体験、それから先輩とのコミュニケーション体験など複合的な体験会。イングリッシュパフォーマンスで出演していたメンバーもかけつけてチューターの役割を果たしていた。

Dsc08581
☆体験授業の最中、調理室では、先生方が集まり、お茶の用意をしていた。おもてなしには、やはりティータイムが必要。

Dsc08584
☆そしてティータイムには、お茶とお菓子は欠かせない。おいしそうなできたてのパンがサンジェルマンから届いていた。八雲学園御用達のパン屋さんなのだろう。

Dsc08588
☆もちろん、このサプライズティータイムは、特別なことではなく、八雲学園生活の大切な一コマであり、教育のプロセスである。パンがおまんじゅうになったり、かき氷になったり、バリエーションも豊富だ。

|

« 八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(2) | トップページ | 八雲学園 本当のグローバル教育で来春も人気(4) »

中学入試」カテゴリの記事