« 東大動く 教えるだけの授業は、終わりにしよう! | トップページ | 凄い学校が登場した!学校が化ける瞬間。 »

富士見丘 画期的 慶応大学との新しい高大接続の学び

☆今年、富士見丘は、同校の教育の質を6階のペントハウスラウンジで、対話スタイルの学びとして結晶化し、頻繁に「ダイバーシティカフェ」を開いている。

☆その一環として、新しい高大接続のプログラムも、各大学とコラボして創出。今回、慶應義塾大学 理工学部 伊香賀研究室との共同研究プログラムが、同大学日吉キャンパスで行われたので、取材した。

Dsc06157

☆探求学習であるプロジェクト学習のヒント、本当のキャリアデザイン、文理融合領域での探究の実感、慶應義塾大学の魅力など、生徒は多くの気づきを得たに違いない。

☆記事は次の21会サイトに掲載。ぜひ、ご覧いただきたい。

富士見丘 教育の根源「ダイバーシティカフェ」(3)外に出よう!

|

« 東大動く 教えるだけの授業は、終わりにしよう! | トップページ | 凄い学校が登場した!学校が化ける瞬間。 »

21世紀型教育」カテゴリの記事