« 八雲学園 2015年度入試へ本格稼働 高密度教育披露。 | トップページ | 富士見丘 画期的 慶応大学との新しい高大接続の学び »

東大動く 教えるだけの授業は、終わりにしよう!

☆@ PressNews 2014年9月2日15:00によると、

東京大学 大学総合教育研究センター(センター長 吉見 俊哉)では、2014年11月より、大学教員を目指す大学院生の教育力を向上させるプログラム「インタラクティブ・ティーチング」(講座名)を提供します。オンライン・セッション部分は、株式会社NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェア株式会社が提供する大規模公開オンライン講座(MOOC)提供サイト「gacco(ガッコ)」( http://gacco.org/ )において無償公開し、受講登録を本日より開始いたします。

Photo_2

講座の説明のYoutubeはコチラ。

☆アクティブラーニングを大学の教員のみならず、中高の教師や企業の研修などを担当する人にも無料で提供する。

☆ついにこういう時代になったということ。

☆中原先生や上田先生など信頼すべき教授陣もそろっている。教員が変われば、生徒が変わる。生徒が変われば、学校や大学、企業が変わる。つまり、社会が変わる。

☆教員の存在意義がクローズアップされる時代がやってきたということ!先生方、ファイト!

|

« 八雲学園 2015年度入試へ本格稼働 高密度教育披露。 | トップページ | 富士見丘 画期的 慶応大学との新しい高大接続の学び »

21世紀型教育」カテゴリの記事