« 大妻中野はなぜ強いのか (3) | トップページ | 大妻中野はなぜ強いのか (5) »

大妻中野はなぜ強いのか (4)

☆大妻中野は、中3以降は、コアクラス、英語ハイレベルクラス、アドバンストクラスに分かれる。中2までは、帰国生は1つのクラスに固定されているのだが、中3からは英語ハイレベルクラスに合流する。

Dsc01321
(帰国生取出し授業)

☆帰国生の授業のみならず、英語ハイレベルクラスの外国人教師の授業はオールイングリッシュ。彼女たちの環境は英語であふれている。

Dsc01792
☆しかし、コアクラスの外国人教師の授業もオールイングリッシュ。そして圧巻なのは、エッセイライティングの授業が全クラス英語で行われているということである。IBのディプロマでも、エッセイは重要だし、東大推薦入試や2021年以降の大学入試改革でもエッセイは極めて重要。しかもそれを英語で書けるようにするというのだから、本格的。繰り返すが、すべての生徒が挑戦する。

Dsc01269
☆もちろん、宮澤校長の目標は、ロンドン大学が武蔵大と提携したように、やがてドッと日本に進出してくる海外大学への高いレベルでの対応も織り込み済み。

Dsc01713
☆それだからこそ、国内の難関大学の合格実績も伸びるのである。


|

« 大妻中野はなぜ強いのか (3) | トップページ | 大妻中野はなぜ強いのか (5) »

中学入試」カテゴリの記事