« 三田国際 セカンドブレイク (2) | トップページ | 三田国際の知 美しい!♪(2) »

三田国際の知 美しい!♪(1)

☆三田国際の人気の根本には、21世紀型知という本質的な美学を、教師と受験生・保護者間でシェアしているところにある。この人気のあり方は、今まで類例をみない。

Dsc00528

☆従来は知の一部に過ぎない、知識という客観的な領域のみが強調されてきたから、知識の集積の結果東大ピラミッドの中でどこのポジショニングをとったのか、椅子取りゲームになっていた。つまり「排除の論理」が展開されていた。

☆しかし、三田国際の場合は、その視野が東大レベルあるいはそれ以上のグローバル大学に進めるトータルな知を探求しているから、「多様な機会のシェア」という「共生の論理」が展開されている。

Dsc00795
☆グローバル人材といったとき、相変わらず20世紀型の「排除の論理」で、優勝劣敗のフィールドで頑張る人材と21世紀型の「共生の論理」で、知のSoulful Songを奏でる人間といった違いがある。そもそも人材と人間では大きな違いがある。

☆三田国際の教師1人ひとりは、このSSを奏でることができる。だから、参加した受験生や保護者は、未来への自信が内面の奥から引き出される感覚をシェアできる。

|

« 三田国際 セカンドブレイク (2) | トップページ | 三田国際の知 美しい!♪(2) »

中学入試」カテゴリの記事