« 三田国際 セカンドブレイク | トップページ | 三田国際の知 美しい!♪(1) »

三田国際 セカンドブレイク (2)

☆昨日25日(土)午前中、三田国際は中学入試のための学校説明会を開催。っ予想通り、2会場で、大橋学園長がローテーションしながら語りかける説明会となった。

Dsc00428
Dsc00436

☆A会場もB会場も参加した受験生・保護者であふれた。

Dsc00391
Dsc00716
☆初めての方はA会場、リピーターの方はB会場へという流れだった。A会場では、三田国際の21世紀型教育のビジョンとその具体的な展開について語られ、B会場では、三田国際の他校とは別次元の破格の教育を受けるために、どのような知識力と思考力を準備してくるか4教科の先生方が丁寧にプレゼン。

☆大橋学園長以外に、A会場で3人、B会場で5人スピーチした。結果的に、高い教師力のアピールになった。ソフトパワーの集積が準備期間1年でここまでパワフルになるのか、これもまた奇跡である。

☆さて、B会場では最後にどうして21世紀型教育を三田国際が展開するのか、そのためになぜIB型思考力を必要とするのか。政府の教育政策に翻弄されることなかく、時代の魂の響きに耳をすまし、共鳴共振して決断した根っこの話を大橋学園長が語った。

☆会場空間は、一瞬にして、時代の響きと三田国際の魂と参加した受験生・保護者の魂が共に響きあった。SoulのShareが起こっていたのである。

P.S.

大橋学園長が今回投げかけたエニグマは、CiCCとこのSSだった。

|

« 三田国際 セカンドブレイク | トップページ | 三田国際の知 美しい!♪(1) »

中学入試」カテゴリの記事